パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

オープニングで作品の中にドリフトしてラストまで体感しっぱなし。
Shuhei

Shuheiの感想・評価

4.2
ゴジラとか日本のロボットアニメ(特にパトレイバーが一番好きらしい) をオマージュがオマージュされて、それらのいろんなものがぶち込まれ、アニメオタクなギレルモ監督のマニアックが詰まった作品。
思ったほど高評価じゃない人が多いような気がするけど、個人的には相当おもしろかった。

「シェイプ・オブ・ウォーター」のときのような雰囲気があって、全体的なその映像の質感が好きなんだけど、これがギレルモ作品っぽい感じと言ってもいいのかな?
街のネオンや機内、怪獣の光、など…この光彩具合が際立っていた。
たまーに、アメリカンジョークっぽい小ネタのシーン(ギリギリ絶妙な具合で椅子を押して振り子が触れたり、ちょうどいいとこに便器だけあったり…) も挟んできたりするし。

4体のうち3体は電力駆動で、主力級である1体だけが原子力エネルギーで動くあたりは、日本で脱原発に向けた動きがある中で逆を行ってる辺りが、今となっては何とも言えないけど…、巨大ロボットの原点はそこにあり、ということでいいんじゃないかな。

巨大怪獣(Kaiju)が、まるでエヴァを見てるかのようにもう次から次へと畳み掛けて出てきて、イェーガーという巨大ロボットが立ち向かうけど、このバトルシーンの迫力が物凄い。

中弛みすることもなく、また飽きさせることもなく、最初から最後まで駆け抜けてあっという間に終わった。

男の人ならいくつになっても消えない少年心が刺激されるし、女の子も楽しんでほしいかな。笑
怪獣がkaijuと呼ばれ、日本人が出てきて日本語を話すので最初の方は日本の怪獣映画のようだった。マコ役の菊地凛子の日本語の発音がなんだかおかしかったが、わざとなのか。
海底の割れ目の異次元空間から怪獣が次々と現れて人類を滅亡させようとする。
それに立ち向かう巨人兵器イェーガー。
戦いっぷりは迫力があるけれど、途中で飽きてしまった。好みの映画ではなかった。
怪獣と菊地凛子
ナオイ

ナオイの感想・評価

3.5
RPG風ファンタジーかと勘違いしてた
わい

わいの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

パンチ出すとこ、観てる時一緒に腕動いちゃうよね、ウオオオオって操縦しとる気分になる
anzu

anzuの感想・評価

2.4
怪獣こわい。
画が全体的に暗くて臨場感いい。
Miya

Miyaの感想・評価

2.5
CGが凄い映画
>|