パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

Pacific Rim

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

人間には到底倒すことのできない巨大な怪物を地球上のあらゆる技術を結集した巨大ロボで討伐する肉弾映画は大の好みです
デカイやつが街グチャグチャにするのも大好きです
今ではパシフィックリムのテーマソングを聴くだけでパワーがみなぎります
カイジュウとイェーガーのスケールの大きさが良いです。
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

4.3
もうね、敵の名前がカイジュウってだけでたまらないのですよ。
日本の特撮物をハリウッドでリメイクしてくれたかのような作風で童心に帰ることができる。
ちゃんとラストに本多猪四郎監督とハリーハウゼン氏の名前もでるし。

ただ残念なのは様々な国のイェーガー(ロボット)が登場するが出番が多かったり少なかったり。
中国のクリムゾン・タイフーンとかロシアのチェルノ・アルファなんてロマンの塊なのに。
日本機のコヨーテ・タンゴに至っては過去の話だから回想だけだし、主人公達の話がメインだったのでもうちょっと他のイェーガーの活躍が見たかったなあ。

そんな期待を背負って2を見ると肩透かしを食らうので要注意。
今作は迫力と男のロマンあふれる傑作です。
良かった。序盤早々最高の始まりからのイェーガー以外弱いっつう。
夜の戦闘が多くて、まあ不気味ではあるけど昼やってくれって思ってたら2がアレだもんなあ
ケイト

ケイトの感想・評価

3.3
男ならワクワクが詰まってる映画です
ただ少しモッサリ感が気になります
森ゴリ

森ゴリの感想・評価

3.0
怪獣に対抗してロボットを作ったよん!
って設定飽きるほど見てきたけど、
やっぱ胸熱だよね!!

ストーリーよりも、アクションに力を込めてるのが伝わった。だから、こそキャラの設定の弱さは目をつむれる。
でも博士たちのところは好きだった!

芦田愛菜がピカイチで輝いていたのは日本の誇り。
柚餅子

柚餅子の感想・評価

5.0
ストーリーの展開とか脚本とかは二の次で、アクションが超絶面白い。

イェーガーと怪獣が戦うシーンがメインって感じで、ストーリーに関してはあんまり面白く無かった。

さっぱりしたインパクトだけ大きいアクション映画が観たければ最高の映画。
>|