パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

osaretai

osaretaiの感想・評価

3.2
1912
日本のロボットアニメや特撮に対する愛とリスペクトはとても感じるし、映像の作り込みはすごいと思う。ただしストーリーが、、あと菊地凛子以外の人が時々話す日本語が気になる、、、
怪獣の格好良さが絶妙。どことなくダークでカッコ良い、キモい、怖い。
最初からそれ出しとけよ、なんて突っ込んではいけない。ど迫力の戦いを楽しみましょう。
この作品に大金はたいたハリウッドに感謝。

芦田愛菜ちゃん半端ないって〜。
戦闘シーンなんかは怪獣映画はこうでなくちゃという感じでしたが、流石にいろいろ無理くりすぎてウェッとなりました。菊地凛子の表情がなんかウザかった。主人公と中国三兄弟は概ね良かったです。
日本の怪獣映画オマージュするのはやってるけどやっぱりハリウッド映画なんだな。
でも意外と好き。意外と和の雰囲気。
Yukaneko

Yukanekoの感想・評価

4.0
幼い頃見たロボット映画?怪獣映画?を思い出した。なんとなく懐かしさを感じた。ロケットパンチとかね。こんなすごい映画で子供向けテレビの技みたいなの出てきたのよかった。
イェーガーのコックピットがかっこいい。人の神経と直結っていうのでエヴァっぽさも感じた。
怪獣の溶解液?のドロドロ感とかそれでいて発光しててっていうの良かった!
ローリーとマコがガッツリ恋愛じゃないのが良かった。
S

Sの感想・評価

3.5
なかなか面白かった◎
ストーリーはお約束の展開が繰り広げられるんやけど、不必要に人が死ぬこともなく。
無駄な恋愛要素もなく。
シンプルに楽しめる作品でした。

菊地凛子はあまり喋ってるとこ今まで見たことなかったんやけど、日本語あまり上手ちゃうのね。
るな子

るな子の感想・評価

3.9
設定や世界観がとても好みの作品です。ガン●ムやトッ●をねらえといった巨大ロボが出てくるものが好きなので、若干興奮気味に鑑賞しておりました。メカが好きな方にオススメしたいです。
fumika

fumikaの感想・評価

3.0
2013年突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる
それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまった
人類は科学や軍事のテクノロジーを結集し生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する
そのパイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込み巨大生命体に立ち向かっていくがその底知れぬパワーに苦戦を強いられる



日本人好みな設定かつシンプルなストーリー
なので(?)結構突っ込みどころもあり


冒頭のニュートの台詞から、これ上手く2時間ちょっとで収まるのかとひやひやもしたけど最後はまとまりましたね

1番好きなシーンは香港骸骨街のところ
ブレードランナー同様、この退廃的な近未来感はぞくぞくするものがあります


なんだかんだ私は好き、面白かったなー!
せいや

せいやの感想・評価

4.0
アクション系のあんまみないんだけど、怪獣とイェーガーのデザインがカッコよかったのと、ストーリーが熱くて面白かった。芦田愛菜ちゃんの演技びびる
やっぱ命をかけた男たちの戦いかっこいいんだよなぁ〜
KAIJU!!!
日本の子供向けアニメをハリウッドが作りました感!
設定や日本人起用等、監督の日本リスペクトを感じました。
ハリウッドが本気で作ったらこうなる!みたいなCGが凄い、日本じゃなかなかこうはいかない。
展開としてはすごく想像しやすかったし、当たってたけどこれはこれで面白かった。
>|