ローン・レンジャーの作品情報・感想・評価

「ローン・レンジャー」に投稿された感想・評価

この手のジョニデには食傷気味だったので期待下げまくっての鑑賞。意外や凄く良かったのはトーン。西部の荒野を大パノラマのフィルム(たぶん)で撮ったシネスコの画の素晴らしいこと。空撮移動撮影とか、その1カットだけでうわーーって思える画を大画面で観るのも映画のひとつの醍醐味だなあ。もちろん噂のラストは【西部劇】【列車】【アクション】でやれる表現は全部やってるような盛り沢山さとスピーディーな展開は見事だった。
ただ、あまりにもお話しがフツーすぎる。元ネタには思い入れないせいか、長過ぎる尺もゲンナリ。
Jun

Junの感想・評価

-
これも記憶にない。
刺繍屋

刺繍屋の感想・評価

4.0
あまりは評判が芳しくなかったので、期待してなかったのですが、かなり面白かったです!

トントの意外な過去やエンドロールの哀愁漂う姿にはグッとくるものが有りましたし、墓穴の前でのトントと白馬のやり取り等、所々に笑いの要素を挟みつつ、手に汗握るスリルと爽快感のあるアイデアの詰まったアクションシーンは秀逸でした。

テンポも良くエンターテイメント性に富んだ西部劇で有り冒険活劇ですね。

見た目は二枚目でも行動は三枚目な感じのアーミー・ハマー演じるジョンも佳いキャラクターでしたし、これは是非続編を作って欲しいですよね。

オリジナルも観てみたくなりました。

それにしてもジョニー・デップ程白塗りの似合う俳優さんもいませんよね。
げん

げんの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

最初はアメリカ史を不勉強なこともあって??って感じだったけど、見ていくうちに伏線がどんどん繋がっていって、最後のアクションで面白さがやっと爆発って感じ。

兄弟、復讐と法という主題があって、主人公が最後、信念を曲げて復讐するのがアメリカ的だな、と思う。
esuran

esuranの感想・評価

3.0
西部劇特有の「予定調和」で「ご都合主義」なものを求めて鑑賞したつもりなのだが、なかなか変化球な作品でございました。

凸凹コンビで、半分ぐらいまではワクワクして観れてたんだけど、やや冗長だった印象。中だるみした。もう少しコンパクトにできたんではなかろうか。でも、最終的にはよくわかんないままだったけど、音楽とも相まってスカッとできたからヨシとする。ウィリアム・フィクナーがいい味だしてたのもヨシ。

ストーリーはさておき、小道具や調度品、服装、舞台装置、列車、馬、細かいディテールは好みなんだよね。絵もいいし。大自然の感じとかも。よく作れてるなって思った。ラストのワンカットもヨシ。


キモサベ。
白塗りのジョニー・デップ
何も考えずに見れる系だと思っていたから
あまりに何も考えないで見ていると
作戦の細かいところや
人間関係で迷子になった
爽快アクションという印象
ジョニー・デップが好きなら
手放しで楽しめる気がする
masaki

masakiの感想・評価

3.0
敵がエグい割に最後があっけない!
最後の20分のアクションと、アミハマの顔を堪能する映画
ずっと憂鬱な展開が続きますが最後のシーンの布石です。ウィリアムテル序曲の軽快なテーマとともにザ西部劇が始まります。こういう映画はタイプです。

ハイヨー!シルバー!
>|