KZY

オブリビオンのKZYのレビュー・感想・評価

オブリビオン(2013年製作の映画)
3.0
「人は死ぬ運命だ。要はいかにして死ぬかだ。」

2077年。宇宙生命体スカブにより月が破壊され、地球が災害により壊滅してから60年、エンジニアのジャックは相棒のヴィクトリアと共に地球上でスカブとの戦闘を続けていた。
ある日、何者かの襲撃を受け、誘拐されたジャックは謎の男ビーチから真実を知らされる。

作品全体のデザインがかなり好き。まず景色。荒廃した地球の描写が個人的にツボだったから見てて飽きなかった。間延びしている前半も、綺麗な景色や崩壊した文明を見ているだけで満足できた。
次は乗り物。ジャックが使用するハイテクヘリ?やドローンは球型で、近未来的なデザイン。SFには珍しくハイテクバイクも出てくるからちょっと嬉しかった。
スカブのデザインも、THEレジスタンスって感じで変にメカメカしくなくて良い。泥臭い戦い方も良い。
ドローンとの戦闘シーンは、スターウォーズを連想させられた。(観たことないけど)

ストーリーはありきたりなので、そこまで没入感はないものの王道SFって感じかな。