ビトレイヤーの作品情報・感想・評価

「ビトレイヤー」に投稿された感想・評価

マーク・ストロングとヴォイのファンなら見て損はないけどストーリーとしてはイマイチ。
ひたすらにマーク・ストロングがかっこいい……あしがながい……
nana

nanaの感想・評価

2.9
マカヴォイ目当てで鑑賞。
二人の演技は良いけれど、もっとどんでん返しを期待してた。
泣きのシーンが印象的。
菱沼

菱沼の感想・評価

3.0
せっかくいい役者さん二人を使ってるのに勿体ないな…という印象でした。
しーた

しーたの感想・評価

2.3
刑事と犯罪者、因縁のある二人が引き合わされて共闘……なんだけど正直中盤が退屈…。
苦手な足手まとい系ヒロインもいて全体的にもたついた印象。

けど冒頭のスーツにフルフェイスなマークストロングが格好良かった!
0mi

0miの感想・評価

3.0
記録
マーク・ストロング格好いい‼

このレビューはネタバレを含みます

リドリー・スコット製作総指揮のサスペンス・アクション。因縁の相手である捜査官と大物犯罪者が組んで、巨大な陰謀に立ち向かいます。

3年前、刑事のマックスは大物犯罪者であるスターンウッドを逮捕寸前のところまで追いつめたが、右膝を撃たれ彼の逃走を許してしまいます。それ以来スターンウッドは姿を見せず、それが原因で心身ともに大きな傷を持つマックスは、刑事としての自信を失いかけていました。
そんなある日、空港でスターンウッドの息子ルアンが、何者かによって撃たれた状態で発見される事件が発生します。ルアンの携帯電話から、スターンウッドはアイスランドに潜伏していることが発覚するが、警察が駆けつけた時には一足遅く、またしても彼に逃げられてしまいます。一方、スターンウッドは息子を襲った犯人に復讐するため、警察の目を盗みロンドンに戻っていました。それを突き止めたマックスはスターンウッドを逮捕しようと躍起になります。
次第に捜査が進むにつれ、マックスとスターンウッドの双方が追っていた事件の犯人は、政府をも巻き込んでいる巨大な組織であることが発覚します。これを知った二人は、敵対関係でありながら真実を明らかにするために協力することになります。

陰謀がどのようになっていたか大体は掴めましたが、2人が手を組むまでが長かったように思います。
santasan

santasanの感想・評価

3.0
刑事とその刑事が追っていた犯罪者が組むという設定は面白いが、そのためにも裏の構図はもっとはっきり出した方がいいと思う。相棒サラ役でアンドレア・ライズブロー。ここ立て続けに3本の出演作を観たが、現代劇もいいかも。
>|