amok

共喰いのamokのレビュー・感想・評価

共喰い(2013年製作の映画)
3.3
田舎の閉塞感がもの凄く伝わってくる映画だった。
ただ、もっと暴力的で怖い作品だと思っていたので、物足りなかった。

父親は交わりの時に暴力を振るわないと、エクスタシーに達せない異常な性的趣向の持ち主。
息子は自分の中に流れる父親の血に怯えている。
そして、次第に目覚める暴力性…

交わり以外のところでは、わりと普通の父親。
息子も自分の中の暴力性と葛藤する姿が少なく、
わりと簡単にコントロールできていた。

雰囲気はあったのですが、映画全体が達観しているようでなんか物足りない。

大きな夢なんて別に必要無い。
不安や不満はあるけれど、諦めているというか、受け入れているというか…
そんな映画。

昭和末期がそういう時代だったのだろうか?