共喰いの作品情報・感想・評価・動画配信

「共喰い」に投稿された感想・評価

夏の暑さが画面から伝わってこなかったことと、露悪的過ぎる設定に無理矢理な不自然さを感じてしまったことが残念。
それまでのイメージを覆す菅田将暉の鮮烈な単館系デビュー作品。
性と暴力の衝動に支配される鬱屈とした閉鎖的な街の中だけの話。
田中裕子と光石研という偉大な俳優を前にして演じきった菅田将暉は本当にすごい。
原作はもっと過激な表現の中に人間の本質的なところが描かれているらしく読んでみようと思う。
カラッと晴れ渡った夏ではなく、どんよりとした曇り空の夏
お話にマッチした空模様
昭和の終わりの頃、ただヤリたい17歳の少年とひたすらヤリたい父親、
とくに父親は行為の最中に暴力を振るう傾向があり、
少年もその血を引いている事に気がついていて、
実際ガールフレンドとの行為中に首を絞めてしまう
だから悩んでいるかとゆーと、さほど深刻には悩んでいないよーに見える
ただ、両者とも機会があれば誰とでもヤリたいから、
やがて父子の男女関係はグチャグチャとなり親子丼化が進み、共感も同情も出来ず嫌悪感ばかりが膨らむ展開
時代が昭和の終わりに設定されているのは、
予想していなかったラストの反戦ネタ?に繋がるから
そこに繋がるかぁ!といった多少の意外性はあったけど、
だからといってヤリたい親子そのものとは何ら関係性がない
原作は読んだ記憶もあるが、すっかり忘れていて、映画が忠実に再現しているのか否かはわからない
でもね、ホントスッキリしない
菅田少年はヤリたい17歳を熱演、父親役の光石研はここまでやるか⁉︎な体当たりぶり
田中裕子の母親のみ過去の大戦と関連があり、苦労したのに報われない役柄を好演
父子と絡む2人の女性はヌードシーンも多く頑張っている
どーしてあんな父子に惹かれるのか?とゆー素朴な疑問はあるものの、そこは男女の仲
正論も正解も存在しない
ナレーションが光石研、これは「サンセット大通り」と似た手法ですね
桂木

桂木の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

田中裕子ってかっこいいなあ
モノローグが父親の声ってわかったときゾッとした
渡辺

渡辺の感想・評価

-
内容云々よりも演技見ちゃう
この役をオーディションで勝ち取った菅田将暉は一気に演技派のイメージになったのに最近は歌うたいよる
mochi

mochiの感想・評価

3.8
小説読んでからの📚👉🎞
この映画観てちょっと苦手意識のあった菅田くん好きになった🙂💜
Mi

Miの感想・評価

2.5
特段鬱なわけでも無くセクシーでも無く。めちゃくちゃ普通だった。タイトルの意味を考えると深いなぁとは思う。
KU

KUの感想・評価

1.0
方言や映像は心地よい
>|