arisakk

旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランスのarisakkのレビュー・感想・評価

3.6
「私は今に死ぬわ。道端で犬のように」
「知ってる?犬は道端で死ぬのよ」
猫は死期を悟ると人前に現れないというが、実際はどうなのだろうか。
倉庫に眠る未公開のフィルムで1本の映画を作ることがドゥパルドンの夢。
彼も猫ではなく犬のように死ぬことを選んでいるのではないか。