たくはち

L.A.ギャングストーリーのたくはちのレビュー・感想・評価

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)
3.6
ロサンゼルス市警が軽快な音楽と共にミッキーコーエンのギャング団を潰していく話。
ザ・犯罪物アクション映画。
迫力あるアクションシーンが多かった。
画に影を多用していてL.Aの暗い面が強調されていた。
しかし軽快なのはカッコイイ部分もあるが、悪く言えば軽い。
盗聴屋が中盤で自分達のしていることはコーエンと何が違うのかと疑問を投げかけていたが、そんなことを微塵も感じさせない程に軽い雰囲気で敵をぶっ飛ばしまくり、結果的には盗聴屋は一人虚しく殺されてしまう。
面白いアクション映画だと思ったが、考えさせるような深みはなかった。