ひだこん

L.A.ギャングストーリーのひだこんのレビュー・感想・評価

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)
3.4
展開は王道。キャストが豪華。
主人公のジョッシュ・ブローリンが、劇中の自分の奥さんの薦めでギャングと結託していない、“はぐれ者”たちを集めていく一連のシーンのテンポが良くていかしてた。
ララランドより前に公開された映画なのに、ゴズリングとエマ・ストーンはデジャブが起きる。