L.A.ギャングストーリーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「L.A.ギャングストーリー」に投稿された感想・評価

Yolice

Yoliceの感想・評価

3.6
1940~1950年代のロサンゼルスで起きた実話をベースに、L.A.市警とギャングの闘争を描いた作品


『ラ・ラ・ランド』でお馴染みライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのコンビが、『ラブ・アゲイン』に引き続き、息がぴったりな掛け合いを見せてくれるので、この2人が好きな方はぜひ見ていただきたいです!

アクション(ちょっと残虐かも)あり、恋愛要素あり、頭脳戦あり、と王道要素を詰め込んでいるので、全編通して安定した作りにはなってると思います
ちゃんと調べたわけではないので、どこからで脚色入っているのかは分かりませんが、当時のアメリカの時代背景を知るという観点でも面白いかも

法を守り組織に服従するか、正義を求めて己の道を見つけるか…
heroko

herokoの感想・評価

3.8
ギャングvs警察官という名の秘密襲撃団。
選ばれし精鋭達がギャング達のアジトへ乗り込み汚染された金までも燃やし根絶させる。
カーチェイスがあったり、恋路が見られたり、迫力満点な銃撃戦があり見所満載。
常にスーツにハット姿が素敵。

仲間達の背景というか家庭内も見られて良かった。
銃が得意な人が最後撃たれながらも仲間に手を添えてもらい〝先を狙うんだ〟といって一緒に敵を撃つ姿に涙。一緒に戦い抜いた仲間達の絆を感じた。

最後は幸せな結末でほっこり出来たのが良かった。
蟻

蟻の感想・評価

3.8
124

アンタッチャブルとマグニフィセント・セブンをごちゃ混ぜにして雑にした感じ〜!仲間集め始める辺りからグンと楽しくなってちょいちょいクスッと笑えるシーンもあり結構面白かった。ただ映画の雰囲気づくりなのか、後半はずっと画面が暗くてもう誰が撃たれて誰が死んだのか(敵か味方かすら)ほぼわからなかったのが残念…
しかし共演作見る度毎回思うけど、儚げ美人のゴズリンと強烈美人のエマストーンが同じ画面におさまると絵面が最高過ぎて目薬さすより眼球が潤う気がするナ。
naokit

naokitの感想・評価

3.0
はたして、ジョシュ・ブローリンとニック・ノルティは向かい合って話してる時、お互いが似てる事が気になってセリフが飛んだりしなかったのでしょうか…

マシンガンの音凄かったり、銃撃戦は迫力ありました。ラストのホテル・ロビーのシーンは“アンタッチャブル”のオマージュでしょうか、落ちていく薬莢が美しかったです。
作品の内容がちと薄めに感じたのは、せっかく奥さんがナイス・プロデュースして集めた仲間たちの事が、サラリとしすぎていたからですかね。
ギャングと警察の話。アクションとラブストーリーが良き。テンポがいい。けどもう少し深みと友情の描写があってもいいかなと。
Lily

Lilyの感想・評価

3.5
たまたま家にあったから観た。
LAギャングVS警察。
西部劇チックでまあまあ面白かった。
と思ったらこれ実話だったのねー!!
話は盛ってると思うけど、こんな正義感で溢れる警察の方すごいな。
っていうのとそれを支える奥様の苦労がすごい。
ライアン・ゴズリング見たさに鑑賞したけどまあまあ面白かった
仲間集めて鬼退治、何だか桃太郎みたいなお話。
ママン

ママンの感想・評価

2.5
映画館で観たけど、あんまり印象にないかなー🌀

この時期って『華麗なるギャツビー』とか、昔の(禁酒法時代)アメリカの物語系が流行ってたけど、そういうノリで作られた感じ。

唯一記憶にあるのは、ギャングの落とし前が《金玉リンチ》で恐ろしいってことくらいだ(爆)