みきてー

さよなら渓谷のみきてーのレビュー・感想・評価

さよなら渓谷(2013年製作の映画)
3.6
吉田修一の執筆時点で、誰にも感情移入出来ないようにあえて作っているのかなと感じました。

幸せと愛には色んな形があって、誰もがステレオタイプなものを求めてるんじゃない。そして愛=幸せじゃないという当たり前の価値観で、改めてガツンと頭を殴られるような衝撃。

真木よう子は幸薄い役どころがぴったりハマっててなんとも言えない色気がムンムンでした。ガリガリ→健康的なウェイティングコントロールにも感心。
それに比べて杏ちゃん…

夏のじっとりした雰囲気と、作品全体に漂う重さがマッチしてていい感じ。田舎の夏には不幸な話が似合う。