17歳のエンディングノートの作品情報・感想・評価

「17歳のエンディングノート」に投稿された感想・評価

anzu

anzuの感想・評価

4.0
英題の NOW IS GOOD の意味が見終わった後すごくよく分かった
この映画は英題のままで良かったなと初めて思った
お父さんも本音で泣くし、倒れた彼女への彼の対応もドラマチックに助けないところがまたリアル

病気で余命わずかという設定の映画が沢山ある中でもそれぞれがカッコつけてなくてリアルな感じがすごく良かった
Any

Anyの感想・評価

-
切ない。
やっほ

やっほの感想・評価

4.0
したいこと…
思いは尽きない…たぶん

してあげたいこと…
して欲しくないこと…
いざとなったらしてあげられるのだろうか…
思いは尽きない…

そんな切実な思いが交錯する。
そのときをおそれ、、、

遺される者たちは遺るカタチある思い出を望むかもしれない…けど彼女は年齢相応に背伸びしても今を生きる証を感じたい…
思いに反しているかもしれなくても…
逆に彼女の肌や瞳の透明感が…失血の怖さが…正直な行動が…今を生きていると…
maiins

maiinsの感想・評価

4.6
ダコタ・ファニングの儚さよ、、、、
見つめるだけで消えちゃいそうな

でもちゃんと、彼女の強さがいて、、、


テッサが愛おしそうにアダムの寝顔を見つめるところ

弟のあっけらかんとしたところに救われてるところ
naopopo

naopopoの感想・評価

3.4
記録 19T179
308
fumipen

fumipenの感想・評価

3.6
ダコタの白さに、悲しさマックス(T_T)
かなり良い作品だった。

ダコタ・ファニング演じるテッサが余命わずかの中で、やり残した事を必死にやり遂げようとする生き様に泣ける。

ジェレミー・アーヴァイン演じるアダムが良い奴過ぎて泣ける。

ラストは切なくて、でも温かくて泣ける。

命、家族愛、恋愛、友情、沢山のものが程よく詰まってる。

ぜひ観てほしい。
NAO

NAOの感想・評価

4.8
オル パーカー
ダコタファニング
彼女の肌の色と目の色を生かした露出の高いライティング。
森でのシーン。
丘の上のベンチ
バスの中でのシーン
家の前で見つめあって頬に触れて去る
テッサの文字。街じゅうに。
スノーエンジェル
人生は瞬間の連続。
ブラジャーの紐がくるくる。
ゆず

ゆずの感想・評価

5.0
ダコタちゃんが本当にすごい 空飛びたい
Yolice

Yoliceの感想・評価

3.7
人生は瞬間の連続ーーー


邦題も嫌いじゃないけど、見終わったあとだと原題の "Now Is Good" の方が重みがありますね

「メイズ・ランナー」シリーズでお馴染みのカヤ・スコデラーリオちゃんが出ていると聞いて鑑賞したのですが、題材が題材なだけにやっぱり泣いてしまいました…

余命を宣告された本人はもちろんだけど、彼女を大切に想う周りにとっても生きることを考えさせられることになる

確かに私も余命宣告をされたら、きっと限られた時間で今までできなかったことをやろうと足掻くだろうなと
でも残された時間が少ないからこそ、過去や未来に固執するのではなく、過ぎ去っていく今この瞬間の大切さに気づけるのだなと心に刺さりました
>|