17歳のエンディングノートの作品情報・感想・評価・動画配信

「17歳のエンディングノート」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

3.4
余命宣告されているテッサという少女が
残りの人生を生き抜く話

思春期にこんなに大きな壁にぶち当たって
どうしようもない状態で
人生をどう過ごしていくか

終わりしか待っていない彼女の人生に彩りを与えてくれる存在

彼女のように余命宣告されていなくても
いつでも私たちの人生が終わる可能性はあるから
そういう思いで1日1日を大切に生きぬかなければなと思った
mietaaaro

mietaaaroの感想・評価

2.6
アンリアル
何にも再現されてない
kaito

kaitoの感想・評価

3.5
プライムでの見放題配信終了前に。
「どこかに名前を残したい」というテッサに対しての思いやりは良かった。
イグリット発見
Gaku

Gakuの感想・評価

3.9
恥ずかしさ?デートに行けない申し訳なさ?故に鼻血姿を彼に見られたくない彼女。さっきまで元気潑剌だった彼女の鼻血姿に気が動転してしまい何もできない彼。そんな思春期ならではっぽい描写がちゃんとあって俺は好き。重いテーマではあるけど、不思議と爽やかで前向きに見れた。
不治の病で余命9か月の少女が、残りの人生でしてみたい事柄を実行していく話。

王道なストーリーではあるけど、あまり悲観的にならないで爽やかに観れました。
隣に住むアダムと恋するけど、アダムが外見も中身もイケメンすぎた。
家族も初めはこの家族大丈夫なのか?って思ったけど、めちゃくちゃいい家族達だった。パパがホントにいい人。

生きるのは死に向かっていることと、人生は瞬間の連続であることを当たり前だけど意識するきっかけになりました。
あと、セブンシスターズの景色がめちゃくちゃ綺麗!いつか行きたい。
まゆ

まゆの感想・評価

3.8
父が過保護っぽいところとか、倒れた時に彼が何もできなかったところがリアルで辛かった、、

アダムが本当に優しくて献身的で主人公は幸せ者だなって思った!マンマミーアのYoung Samの彼はほんとに主人公の恋人役が似合うイケメン。

最後の「人生は終わりへの旅」っていうのはよく言われるけど、エッサが言うと重みがあって考えさせられた。
この手の映画を見ると、私が今余命を告げられたらどうするんだろうって思うけど答えはまだ出ないなあ
とにかく泣いた!声出るくらい泣いた。
とはいえ御涙頂戴モノって感じはなく、テッサとアダムのラブストーリーも爽やかで甘くて重たらしくなくていい。
とても良かったけど、1つ文句が!!
放題が作品を台無しにしてる。『now is good』のままの方が絶対に作品とあっている。

テッサとアダムの微笑ましいシーンはいくらでも見ていたい気持ちになる。

パパもアダムもテッサにとってカッコイイ男性だと思う。彼に失望させたれたら?と娘が傷付く事を恐れて心配する父。そしたらパパがいる。そんなふうに思える父がいるって素敵だなあ。

娘が大好きで娘の癌を治したくて癌オタクになってしまった父。ちょいちょい弟がとんでもない発言をするけど、それを微笑みながら弟を愛しているテッサが可愛かった。
最後のシーン父は誰よりも娘の癌を治すために努力してきたのに、もう行っていいよと言い、その後さよなら言いたくないって言っていた弟が僕にとりついてもいいよって言うシーン、、、声が出るくらい泣いた!
1番近くでテッサとともに癌と戦ってきた家族の取り残される気持ちを考えると辛すぎた。
映画の中でたかが数時間テッサを見ている私ですらテッサの魅力に引き込まれてこんなに泣いている。

主人公病気です。死にます。みたいな映画あまり好きなジャンルではないけど、見て良かった。
テッサもテッサファミリーもアダムも親友もそれぞれ好きになれた作品。
>|