LalaーMukuーMerry

モネ・ゲームのLalaーMukuーMerryのレビュー・感想・評価

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)
3.8
終盤はちょっと失速した感がありましたね。どんでん返しも、なんだかどうでもいい感じに思えたし…、なんでだろう? それが、ちょっと残念。

でも、ストーリーにワクワク感をもってすっと入っていける導入部分は好きです。楽天的な想像と現実との間には大きなギャップがつきものと、あらかじめ教えておいて、その現実を進めていくプロセスで、出てくる出てくる、間抜けなトラブルの連続は結構ツボでした。

真面目キャラのコリン・ファースが演じるってのが面白いのでしょうね。日本でいえば高倉健さんがコントやってるみたいな…

それに、あの日本人の描写は何だ! この次は爆買いの中国人でやって頂戴。