マニアックの作品情報・感想・評価

「マニアック」に投稿された感想・評価

1980年のウィリアム・ラスティグ監督作「マニアック」のリメイク版。

FPVと第三者称視点を切替つつ話が展開していき鏡を始め映る物を上手く使っている映像の試みは面白かった。
でも画面酔いしてしまい観るのがキツかった…休み休み鑑賞(¯―¯٥)

イライジャ・ウッドの頭髪剥ぎキラー振り良かった(オール第三者視点で観たかった)

オリジナルの方は、ジョー・スピネルの顔圧の威力とトム・サヴィーニのゴア描写で直球な頭髪フェチ変態スラッシャー。
リメイクは主人公が奥手風味のイケメンでマネキン修復師、想いを寄せる女性が写真家、アート系おしゃれ雰囲気の悲恋物サイコホラー。マネキン工房の雰囲気は好き。ラストは概ねオリジナルに準じていた。

オリジナルとリメイクは素材が同じでも全く違う味付け。
個人的には真っ直ぐ変態なオリジナルが自分の嗜好に合っていた。
Pieron

Pieronの感想・評価

1.0
主人公小さい頃に母親から虐待受けたことで解離性同一性障害になってる。なんでマネキンに目覚めたのか分からんし
ムダにグロいしくっっっそつまらなかった
Ikumi

Ikumiの感想・評価

3.8
好きなPOV
グロいより悲しいが強いやつ
久しぶりのかなりのスプラッター映画かも。
生身の人間が殺されてくシーンも久しぶりwww

主人公目線で映像が流れてくから切り裂きシーンとか迫力すごい....;;
KENGO

KENGOの感想・評価

4.0
ラストはグロさでクライマックス迎えたという感じでしたが

精神異常、トラウマ、狂気。

イライジャウッドの声、細身な体
役柄に合っていたように思います。主役の視点で物語の経過を観ていても、不気味で仕方なかったです。

入り込みすぎてしまう方は気分が悪くなるかもしれません。お気をつけ下さい。
Mitchu

Mitchuの感想・評価

2.0
童顔で、しかも過去の役柄が
世界的にヒットした役者は、
脱皮の為にこういう映画に出がち。
で、評価を落とす。

視点での撮影は不思議〜
どうやって撮るの?とは思うが、
無駄に疲れる。少しで良い。
物語は色々と雑。
オリジナルは見てないから色々わからなかったがマニアックってよりストーカーだった
80年代のサイコスラッシャーのリメイク。
オリジナルではジョー・スピネルが演じていた変質的な巨漢の殺人鬼を、ツルッとした二枚目のイライジャ・ウッドが演じている。
本来ならば観客の共感を得られずに突き放されるような人物の気色悪さを全面に出して、サイコパスの思想や行動原理に寄り添っているため、そこは好みの別れるところ。
ショックシーンは画面がぐらついて軽くモザイクがかかったように誤魔化されているため、直接的な嫌悪感を抱くような表現はなくなっているが、そこで確実に人の命が奪われているような当事者的なリアリティに恐怖させられる。
物陰に隠れてじっと獲物を待ち伏せていて、突如として襲い掛かり、手に持ったナイフで相手を切りつけているような主人公の主観映像が見所となっているが、加害者と被害者の両方の息遣いが至近距離で聞こえてくるような生々しさなので、これもやはり拒絶してしまう人がいるかもしれない。
日常生活では共感することのできない人間の生体を知り、その触感を自分のものとしているような感覚を味わうことができるという意味で、無二の映像体験といえる。
ABAC

ABACの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

グロくて異常過ぎたけれどPOVでの一人称の視点のせいかどこかやるせない気持ちになってきて最後のショットは切なかった。
>|