ポゼッションの作品情報・感想・評価

「ポゼッション」に投稿された感想・評価

悪魔を封じ込めた箱が存在するということしか、事実ではなさそうで、実話というには、大げさ。お父さんが「ウォーキング・デッド」のニーガンなのに、娘想いのいい人で、シーズン7のショックが、少し和らぎました。

このレビューはネタバレを含みます

悪魔祓いものだけど特にダレずに観られた。
最後のオッサンかわいそう
なかじ

なかじの感想・評価

3.0
娘がかわいい
黒木結

黒木結の感想・評価

3.0
登場人物がめっちゃでかい車に轢かれるシーンがある映画の、そのシーンで今までのこと全部どうでもよくなって、映画だ〜〜!!という気分になる
実話の映画化(本当ですかね❓)ガレージセールで少女がヘブライ語の書かれたアンティークの木箱を購入してから、超常現象が起こり父親がユダヤ人のラビに相談するお話です。

◆良い点/注目ポイント
・主人公が離婚していて元嫁の旦那は金持ちというハリウッド映画の定番の家庭環境。
・ユダヤ教会のラビがエクソシストをするというのは斬新です。
・悪魔の造形は『ロード・オブ・ザ・リング』や『ハリーポッター』に出てくる裸のクリーチャーのようです。

◆改善点
・アメリカのホラーらしく必ず物理的なダメージを受けてしまうのは覚めてしまうところ。心理的な恐怖は弱い。
・『ポルターガイスト』と『エクソシスト』と『オーメン』の要素をミックスしているが、逆に邪悪の格式が薄まっている。

◆総括
・ハリウッドのホラー映画は、どうしてもビックリ系と殺人系などアトラクションの要素が強い為背筋が寒くなるような体験ができないのが残念です。
ヴァンパイアやゾンビよりはまだマシですが、『パラノーマル・アクティビティ』のように既存のテーマでも工夫して新しい物に昇華させる工夫が欲しかったです。
nick

nickの感想・評価

-
2018/05/17
Amazonプライム
アビーーーズーーーー
Mina

Minaの感想・評価

2.9
“I hate hospitals... people die here.”

🎁
かわへ

かわへの感想・評価

2.6
箱が気になる女の子、案の定その箱は曰く付きだっていう映画
箱より匣の方が雰囲気あって適してるかも
監督がサム・ライミなのでもしかして、、と思ったらやはり取り憑かれた女の子が臨戦態勢、そのポーズはスパイダーマン、、、

ラビがピョンピョンしてて面白い
久しぶりのエクソシストの様な映画。

特にひねりもないけと最後まで観られた。
>|