ポゼッションの作品情報・感想・評価

「ポゼッション」に投稿された感想・評価

tomyam

tomyamの感想・評価

3.0
怖いけど、話自体はフィクションと知ってホッとした。
映画の基になった箱は現在どこにあるかわからないみたいだけど。
【字幕/VOD視聴】
とある"箱"に関わった人間が不可解な現象に巻き込まれていくお話。

よくある悪魔に乗っ取られてそれを祓うストーリーなんだけど、MRIにまで出てきちゃうのは珍しいかも。どうでもいいけど、除霊シーンのスパイダーマン的なポージングに少し笑ってしまった。それと「エービバーディー!」のとこ笑。

虫が苦手な方はご注意を。
特に蛾。

あーびーずぅぉー!
ぴ

ぴの感想・評価

3.4
結構怖かった。
呪いや悪魔系は入り込めないと思ってたがこれはおもしろかった。
後味悪いところも良い。

このレビューはネタバレを含みます

古風なホラー音楽って感じのBGMのせいでもはやコメディに感じた。

除霊してくれた親切なお兄さん良いキャラしてたのにやっぱり死んじゃうのか…

プロデューサーがサム・ライミって聞いてなるほどなって感じだった。

実話を基に…っていう肩書きに救われてる気がする。笑
summer

summerの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

現代版のエクソシスト系。

離婚してる家庭+ホラーは、こんなにも定番なのか。
ママがパパを責めてばっかでイラつく。
パパも、おれにのり移れって本末転倒だし、KY発言だとおもったけど、体の中で戦ってくれたのねとその後はパパいいやつってなった。
日々鍛えられた心強いパパだといいよね。
ymsn

ymsnの感想・評価

2.8
まんま現代版のエクソシスト!って感じ。

捨てられていた怪しい箱を拾った少女は、箱の中にいた悪魔に取り憑かれる。


ホント王道のストーリーで、良くも悪くもいまいち言うことがない。
音がデカくてビックリさせる系が多かった。


後半、歯がアレになって逃げた男性にその後家族が完全にノータッチで笑った。

まぁ見飽きずに最後まで鑑賞できたので、悪くなかったと思うが、オカルト・ホラー好きにはあまり目新しい展開がある映画ではない。

最後の方はもっと怖いやつ出てくるのかなと思ったら、めっちゃ小さいゴラムで笑った。

娘2人が可愛い。
ぱんく

ぱんくの感想・評価

3.8
FILMAGAの記事がホラー映画好きの妹と話題になり鑑賞。全然余裕と思ってたんですが...もう怖すぎて全然寝れる気がしない...。特に徐霊の最中の悪魔のポージングが最強過ぎてマジでトラウマ(笑)しかも実話ベースってのが恐怖でしかない。
ホラー映画は避けて来た身なので、ちゃんと観るのは幼少期薄目で観たエクソシスト以来の作品。評価は低いけど、私にはとてつもなく恐怖な映画でした(笑)
rino

rinoの感想・評価

3.3
久しぶりに観た悪魔モノ
新鮮さはないけど、つまらなくもない
面白いとも言えない微妙なところ。
SAVE

SAVEの感想・評価

-
元ネタは、かつてロサンゼルスタイム誌を騒がせた「ディビューク」という悪霊を封じた木箱。
ディビュークというのは、ユダヤ民話で伝わる悪魔のことなんだとか。だからこの映画に出てくるエクソシストもユダヤ人なのか〜、納得!

ガレージセールでついうっかりこの箱を手に取ってしまい、悪魔に取り憑かれてしまった少女エミリーを救うため、家族とエクソシストが奮闘するお話。かの有名ホラー映画「エクソシスト」を彷彿とさせる、「取り憑かれ少女」の変貌っぷりが怖い!冒頭、無邪気で可愛かったエミリーが、後半は今にも人を殺めそうな形相に……そして悪魔に取り憑かれた人間あるあるの白目剥く顔も!なんで悪魔は取り憑いた人間に白目剥かせるのか!

サム・ライミが製作に関わってるだけあって、各所の恐怖演出がなかなか怖かった。ラストはありがちだけどゾッとさせられました。

ただちょっと気になったんだけど、肝心の悪魔祓い!エクソシストが悪魔の名前やら呪文やらを唱えながら体を前後にゆーらゆら、あの姿が滑稽で真剣なシーンなのに笑ってしまった笑
ホラー映画としては充分楽しめたけれど、エクソシストものとしてはもう少しなんとかしてほしかったかなぁという印象でした。


撮影に使われた箱、実は協力者を得て実物だった?という話を聞いたんだけど本当なんだろうか。おかげで監督は、生まれてこのかた奇妙な現象とは無縁だったのが、この映画の撮影中に震えあがるような体験をしたらしいです。
>|