抹茶マラカス

欲望のバージニアの抹茶マラカスのレビュー・感想・評価

欲望のバージニア(2012年製作の映画)
3.5
三兄弟のアウトロー。禁酒法時代とそそる設定を集めているが、禁酒法というだけで比較対象が私の中ではアニメ91daysになってしまうがコレに及ばず。特に末弟行動の必然性が少しないように感じた。恋愛描写もそこまで必要か怪しいし。
見ていて文句も少ないが、快感も少ない感じ。いくら不死身と言えど結局肺炎で亡くなるなら、名誉の戦死で良かったと思うし。
ジェシカ・チャステインは完璧でした。ますます惚れた。
あと邦題よりは原題の方があってるだろう。