ブロンソンの作品情報・感想・評価

ブロンソン2008年製作の映画)

BRONSON

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1974年、19歳のマイケル・ピーターソンは有名になりたかった。お手製の散弾銃を作り、郵便 局を襲った彼はあっさり捕まり、7年間の刑務所暮らしを宣告される...。マイケルは自分を俳優の【チャー ルズ・ブロンソン】の分身であると主張、そのキャラクターを通し、その後34年間に渡り刑務所生活を送る こととなる。「イギリスで最も有名な犯罪者」を描くバイオレンスアクション。

「ブロンソン」に投稿された感想・評価

暴力も愛嬌も狂気も無邪気もさらにはチン◯まで、文字通り全てをさらけ出すトム・ハーディ劇場。有名になりたいという空虚な夢は常に彼の視点で描かれる物語となって、バイオレントでありながらファンタジーへと変貌を遂げる。だからスキンヘッドもカイゼル髭もずっと変わらない。

監督レフンの美意識炸裂、トムハの芸達者ぶり爆裂。端から見たら滑稽でさえあるし理解不能だけど、理解しようとする奴はブチのめすのだからタチが悪い。すぐ全裸になるし。でも無茶苦茶なのにどこか芯が一本通っているようにさえ思えてくるのが不思議。

ボカシ入っててよかったよ。あれノーカットだったらトム・ハーディのトムが気になってしょうがなかったよ。いやあ面白かった。
しゅう

しゅうの感想・評価

3.5
トム・ハーディの声がよかった◎ どこから出てるんだろう笑
トムハ&レフン監督好きの私にとっては観心地が良かった。
バイオレンスな要素たっぷりなのにどのシーンも画になるあたりレフンさん流石です。美術館にいる気分になる。
みら

みらの感想・評価

1.5
まじでつまんなくて
わさび

わさびの感想・評価

3.7
レフン監督らしいセンスは堪能出来る映画。彼の作品の中では、ある意味、最も明るい話だったんじゃないかと思う。トム・ハーディの怪演も見事だった。

本作の主人公、チャールズ・ブロンソン(芸名)は、英国で最も有名な囚人なのだそうだ。幾ら悪さをして何度刑務所に入れられても、決して屈さずに抵抗を続け、暴力を振るい続け、問題を起こし続けた、誰の手にも負えない凶暴な男。
そう言うと何だか大物そうだが、要は単なる阿呆である。何をしようと何をされようと懲りないし学習もしない、奴は究極の阿呆なのである。
それに、作中でもちょいちょい言われていた通り、彼が何がしたいのか私にはさっぱりわからなかった。もしブロンソンの言っていたように、そんなにも有名になりたかったのなら、もっと凶悪な犯罪でも起こせば良いではないか(いや良かぁないけど)。でもそうしなかったところを見ると、彼は悪人というより、社会不適合者の極みのように思えた。

然しそれより何より、昨日『ダンケルク』を観てトムハの眉毛に惚れ込んでしまったせいで、本作を観ても私は彼の眉毛ばかり追ってしまった。これはそんな眉毛ばかり気にしていた者のレヴューであるので、あまり当てにしない事をお勧めする。
みょん

みょんの感想・評価

3.3
クレイジーすぎるトムハーディ 笑

とにかく汚い!笑
ものすごーく不潔な感じ 笑
(できれば最後まで読んでください!)

ぶっ飛びすぎてて、圧倒されましたね〜


有名になりたい一心で
郵便局を襲い、

有名になりたい一心で
看守を襲い、

有名になりたい一心で
芸術に勤しむ。


刑務所を転々とし、精神病院に入り、手に負えなくなって釈放され、また刑務所に戻って来る。

始終、チャーリーブロンソンが演説する形で進行していきます。


今作は、オンザハイウェイ同様、トムハーディの渾身の一人芝居が堪能できます


独房では血だらけだし、
怒るときは口から唾が飛び散るし、
表情がころころ変わるし、
全裸で身体に何か塗りたくってるし、
目がいっちゃってるときあるし…


とりあえず汚い!笑


でも、すごーく不思議なんだけど、誰に指図されるわけでも、迎合するわけでもなく、究極的に自分らしく生きてる感じがして、少し羨ましかった。

今の社会では、『空気読めない』とか『社会不適合者』とか言われるけど、こんな人がいてもいいと思っちゃった部分ありますね。


もちろん極端すぎるし、周りに危害を加える行動は容認できないけど


ある意味、天才なんじゃないかと。
少し間違えちゃった天才。
天才って、ぶっ飛びすぎてて、周りに理解されないですよね。

きっとブロンソンは、才能を発揮できる場所とか才能に気づいてくれる人とかを見つけられなかったんじゃないかな…


表面的に観たら、『気持ち悪い、汚い、痛い』で終わるけど、意外に深いものを感じてしまいました…


好きかと聞かれれば、首を縦には振れないけど、じゃあ嫌いかと言われれば、首を横に振ります


あまりオススメしないけど、トムハファンと、レビューで少しでも興味を持った方がいれば、観てもらえればなと思います^ ^
これはレフン監督の代表作でいいのでは??
非常に楽しめた。
傑作でいいじゃん
なんで知名度イマイチなの?

チャールズブロンソン(芸名)の
内包する活火山を体内に宿しているかのような感じと
意思疎通、無理!な感じと
チャーミングさが微妙に垣間見える感じ凄い。
これはトムハーディだからなのか?
殺人を犯さず暴力事件を繰り返して34年間収監(映画公開時)されてるって実話がファンタジー。
(そして現在も収監中らしい…)

刑務所のダチ?だった細身のメガネとか
後半お世話になる刑務官のお偉いさんとか
変温動物的だった。
だとしたらブロンソンは熊。
美術教師?や精神病院で絞殺未遂になった人や司書のお兄さんのお兄さんはうさぎだなあ。

そういえばなんで司書さんはオススメの本を持ってのこのこと独房にきたのか…
また人質をとってます。
って報告されていたから毎度の事なんじゃないの?
熊の檻に入っちゃダメでしょ。
だからイジメられたんだぞ!
って気分になるのなんでだろ。
どこか憎めないキャラクターですよね主人公。

しかしこのトムハーディはヤバイ!
ミド

ミドの感想・評価

3.5
トム・ハーディーが全裸で暴れます。
丸見えです。
NUZOO

NUZOOの感想・評価

3.3
トム・ハーディを見る映画としては良作!!

惜しげも無くムキムキの全裸を晒してくれるトム・ハーディ、楽しそうに闘うトム・ハーディ、よだれと鼻水まみれのトム・ハーディ、芸術センスを発揮して美術の先生をマグリット風に仕立てあげるトム・ハーディ。

英国で一番有名な囚人だというチャールズ・ブロンソン(存命)の伝記映画。とにかく有名になりたかったという人らしいので、映画が作られてさぞ嬉しいのでは。

『ドライヴ』とは全く違うテイストの映画で、画面はウェス・アンダーソン風というかキューブリック風?の構成的でポップな感じだった。
伝記映画とはいえ、本人の架空の語りとストーリーが交互に入れ替わる作りになっていて、本人の人生の流れがわかるというより、その無軌道さと面白さが伝わってくるような意図なのかな。

とにかく暴力と反抗で彩られた人生で、見てて痛快な部分も多かった一方、自分が何をしたいのか分からないままエネルギーだけが有り余っていて反抗に身を捧げている、といったような悲哀がにじみでていて、暴れたあとに連行されていくシーンなどでは、かなりかわいそうな人にも見えた。

映画のモチーフとして魅力的な人物なのはよく伝わってきたし、いい作品だったような気がする。
画質と音楽が相まって何度となく寝て巻き戻してを繰り返したせいで鈍い感想…。
>|