ブロンソンの作品情報・感想・評価

ブロンソン2008年製作の映画)

BRONSON

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1974年、19歳のマイケル・ピーターソンは有名になりたかった。お手製の散弾銃を作り、郵便 局を襲った彼はあっさり捕まり、7年間の刑務所暮らしを宣告される...。マイケルは自分を俳優の【チャー ルズ・ブロンソン】の分身であると主張、そのキャラクターを通し、その後34年間に渡り刑務所生活を送る こととなる。「イギリスで最も有名な犯罪者」を描くバイオレンスアクション。

「ブロンソン」に投稿された感想・評価

暴力も愛嬌も狂気も無邪気もさらにはチン◯まで、文字通り全てをさらけ出すトム・ハーディ劇場。有名になりたいという空虚な夢は常に彼の視点で描かれる物語となって、バイオレントでありながらファンタジーへと変貌を遂げる。だからスキンヘッドもカイゼル髭もずっと変わらない。

監督レフンの美意識炸裂、トムハの芸達者ぶり爆裂。端から見たら滑稽でさえあるし理解不能だけど、理解しようとする奴はブチのめすのだからタチが悪い。すぐ全裸になるし。でも無茶苦茶なのにどこか芯が一本通っているようにさえ思えてくるのが不思議。

ボカシ入っててよかったよ。あれノーカットだったらトム・ハーディのトムが気になってしょうがなかったよ。いやあ面白かった。
Riri

Ririの感想・評価

1.8
終始おめでたい脳の持ち主だなと感じる主人公。これが実在する人物の話だというからすごい。

あまり意味を感じられない無言の間とか、きもグロなシーンの多さに耐えられずかなり飛ばし飛ばしで見ましたが、最後の文章でだいたい内容把握できました。はい。って感じ。

わざわざ見る必要性を感じなかった作品。
映像が可愛くておしゃれ。
かま

かまの感想・評価

3.7
サイコなトムハーディを愛でる映画
発する一言一言に殺気を含み、見てるこっちが緊張する
1204

1204の感想・評価

-
トムハが好きだけど
映像も音楽もかっこいいけど
なんか乗れなかった。
喚いてるか殴ってるかの印象。
みこ氏

みこ氏の感想・評価

3.0
また!!また面白かったのに眠ってしまった!!
トム・ハーディーごめんよ!
creamymami

creamymamiの感想・評価

3.0
実在の凶悪犯の話だが、ただの「人より少し暴力的なヤンチャ坊主」にしか見えなかった…。相変わらず映像だけはカッコいいです。主演はトム・ハーディー。
お

おの感想・評価

2.8
寝ちまった。ので、途中から全然意味わからんかった。
イギリスで最も有名な囚人。まさか実在の人物とは!それもまだ存命?

この男にとって暴力はコミュニケーションの手段に過ぎない。言葉をかけるように殴る。もはや暴力という認識すらない。BORN TO BE VIOLENCE! 絶対近くには居たくない^^;

それに、自分を傷めつけることにも何も感じてないみたい。ドM?

でも、どこか憎めないとこもある。不思議なキャラだな。

映画も何だか不思議な雰囲気。どこまでが実話なんだろか?

兎にも角にもトム・ハーディ。スキンヘッドに長い髭、盛り沢山の筋肉で、この不思議なキャラになり切ってる。これは濃いや。
>|