ブロンソンの作品情報・感想・評価

ブロンソン2008年製作の映画)

BRONSON

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1974年、19歳のマイケル・ピーターソンは有名になりたかった。お手製の散弾銃を作り、郵便 局を襲った彼はあっさり捕まり、7年間の刑務所暮らしを宣告される...。マイケルは自分を俳優の【チャー ルズ・ブロンソン】の分身であると主張、そのキャラクターを通し、その後34年間に渡り刑務所生活を送る こととなる。「イギリスで最も有名な犯罪者」を描くバイオレンスアクション。

「ブロンソン」に投稿された感想・評価

暴力も愛嬌も狂気も無邪気もさらにはチン◯まで、文字通り全てをさらけ出すトム・ハーディ劇場。有名になりたいという空虚な夢は常に彼の視点で描かれる物語となって、バイオレントでありながらファンタジーへと変貌を遂げる。だからスキンヘッドもカイゼル髭もずっと変わらない。

監督レフンの美意識炸裂、トムハの芸達者ぶり爆裂。端から見たら滑稽でさえあるし理解不能だけど、理解しようとする奴はブチのめすのだからタチが悪い。すぐ全裸になるし。でも無茶苦茶なのにどこか芯が一本通っているようにさえ思えてくるのが不思議。

ボカシ入っててよかったよ。あれノーカットだったらトム・ハーディのトムが気になってしょうがなかったよ。いやあ面白かった。
かどた

かどたの感想・評価

3.8
綺麗だし笑えんだよなぁ
はなみ

はなみの感想・評価

3.6
あれ、これ鑑賞記録してなかったっけ、??

トム・ハーディー好きとしては、彼の怪演が楽しめた。全裸姿も見れたし。
一人二役のモノローグの演出、舞台的で引き込まれた。
ひろ氏

ひろ氏の感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

‪▼概要‬
‪現代(1952~)。‬
‪実在する英国の囚人「マイケル・ピーターソン」の半生を描いた作品。‬

‪▼物語構造‬
‪喜劇、回顧録‬

‪▼感想‬
‪・技術‬
主人公が終始舞台の上から観客に独白している構成。

‪・引用‬
『狼よさらば(1974)』
※Death Wishシリーズ全五作の一作目
チャールズ・ブロンソン
マイケル・ピーターソンの自伝

‪・感想‬
1974年からずっと、英国で最も長く収監されている囚人の実話。

非常に珍しい構成の映画。古今東西の映画1,300本ほど鑑賞したが、こんな構成は初めてだった。

一言で言い表すと「訳が分からない」になるが、この映画としてはこの構成で正しい。
本来、自伝の類には文脈なんて意味を成さないものなのだから、エピソードの隙間に舞台上からの独白を挟んだって何の邪魔にもならない。むしろ良い刺激になったとさえ云えるだろう。

決して人には勧められないが、繰り返し鑑賞することでクセになりそう。ただし、内容は暴力のオンパレードなので気分転換にはならないかもしれない。

無毛で筋骨隆々なトム・ハーディは何故これほどまでに逞しいのか。筋トレがしたくなる。
Yukikuri

Yukikuriの感想・評価

3.8
さすが“狂気”を見事に演じてるトム・ハーディ
ブロンソンの破天荒な生き様とくとご覧あれ!

しかしNetflixで鑑賞するとアレがまるまる見え(´⊙ω⊙`)トムハのアレが‼︎
S

Sの感想・評価

-
2018.4.9
実在し、現在も存命で服役中のマイケルピーターソンという人のお話、というかエピソード紹介?

トム・ハーディの振り切れた演技と、舞台の上で自らを語る一人芝居仕立てにしているのが面白いと思った。

それぞれのエピソードもコミカルに描かれていて、一生の大部分を刑務所で過ごしている彼を、嫌悪の対象としてではなく、なんだか憎めない、愛すべき存在として表現されているようだった。製作者による、彼への愛が感じられる。

観ていて、この人って一体どんな人?ととても興味を持った。

歌や演技がダメでも、散弾銃を自作したり、絵が描けたり、筋トレを極めたりと何かと芸のある人なのでは?獄中で本も何冊か書いているらしいし、もっと社会的に自分を活かせる人なんじゃないかと思うが。でもそのためには、刑務所という環境が必要な人なのかなとか。興味は尽きない。本を読んでみたくなった。

映画ではその人となりにあまり焦点を当ててなくて、余計に興味をそそられる形になっている。

全裸で「よっしゃ、来〜い!」っていう、あのノリが好きだ。
>|