DORATARO

氷の微笑のDORATAROのレビュー・感想・評価

氷の微笑(1992年製作の映画)
4.1
ネクストコナンズヒーント!
アイスピック!
ヴァ―ホーベン監督によるサスペンススリラー。無論、性的で暴力的で過激。シャロン・ストーンの独壇場と言ってもいいほど彼女が演じるキャサリンの妖艶さが光ります。近づく男すべて誘惑し翻弄し破滅させる、絡めとられたら最期死ぬまで抜け出せないようなそんな危険な香りを放っているのです。小悪魔とかそんな生易しい言葉じゃ形容できません。こんな女性に標的にされたら男はイチコロです。そのくらいシャロン・ストーンの魅力が全開です。

しかし、サスペンスとしても一級品で、最後まで謎を残します。キャサリンが犯人なのか、違うのか、やっぱり犯人だったのか?マイケル・ダグラスと一緒に惑わされっぱなしの2時間でした。