ぐみちょこ

メイジーの瞳のぐみちょこのレビュー・感想・評価

メイジーの瞳(2012年製作の映画)
4.1
離婚をきっかけに両親の家を行き来することになった6歳の少女が自分の居場所を見つけるまでの物語。

どんなに幼くても子供にとっての一番の選択は親が決めることではないのかもしれません。

まだ小さいから、と身勝手な大人の都合で振り回す両親。大人が思っている以上に子供はしっかりと理解していて、周りに翻弄されながらも人前では泣くこともなく一つの結論を出そうとするメイジーが強く印象に残ります。
両親、そして新たな婚約者それぞれのメイジーに対する接し方を丁寧に描くことにより真の愛情とは何なのか、問いかけてくるようです。
さらに子供目線で描くことにより子供の前で喧嘩することや離婚がいかに幼い心を傷つけるのか...メッセージ性も強く、深く胸に突き刺さります。

重いテーマながらも時折見せるメイジーの笑顔や救いの手にはほっこり。言葉は少なくともしっかり表情で演技しているメイジー役の子が最高に可愛い。

果たしてハッピーエンドなのか、考えさせられるラストでした。