nao

メイジーの瞳のnaoのレビュー・感想・評価

メイジーの瞳(2012年製作の映画)
4.9

両親の離婚に振り回される少女の視点で、愛や家族とは何かを描いている作品です。

こんなにも心打たれる映画だとは知らず、もっと早く見ておきたかったと本気で思いました。それぐらい自分の心の奥底に響いてきました‼️

自分の主張を押し付ける母親や自分勝手な父親だが、決して両親はメイジーに愛情がないのではなくて、その接し方に問題があった。

でもメイジーは、両親に反抗せずにそれを受け止める。それは家族の形を壊すまいと、メイジーにとって出来る唯一の事。

だが、メイジーの心はだんだんと孤独に苛まれていく、だからこそ子供の視点に立ち純粋にメイジーを愛してくれる存在が必要なんだ…

一概に親だからといって子供の全てを知っているとは限らない。

たとえ血がつながっていなくてもメイジーを純粋に愛してくれる人がいて、それがメイジーにとって幸せならばそんな家族の形でもいいのかもしれない。



離婚する夫婦が、珍しくない今だからこそ家族の形やあり方などを考えさせられ、子供が親をどれほど思い大切にし愛しているかを改めて感じる事の出来る最高の映画です。

もっと感じたものはあるんですがそれを言葉にできないのがもどかしい😫絶対あともう一回見ます!!

終わった後は静かで心地よい余韻に包まれるので是非見てみてくださいおすすめです^_^