なかもとあらた

メイジーの瞳のなかもとあらたのレビュー・感想・評価

メイジーの瞳(2012年製作の映画)
4.1
両親の都合によって板挟みになる少女。 不安や葛藤を抱えながらも親の前では屈託の笑顔を見せるメイジーは、大人の親よりよっぽど大人に見えた。

子供ってのは本当にガラスみたいに繊細で無垢だからこそ、大人が守ってあげないと行けない。

結局メイジーへの愛が強かったのは両親より他人の二人なんじゃないか?って思ったら血だけが愛を証明するものでもないんだなと。

今の社会だからこそ訴えかけてくる物がある子供目線の世界をうまく表現されてて、啓発映画にももってこいだなと。