サウンド・オブ・ノイズの作品情報・感想・評価

「サウンド・オブ・ノイズ」に投稿された感想・評価

aaaa

aaaaの感想・評価

3.7
演奏シーンがぶっ飛んでて良かったです。

テンポも良くて見やすい。
最近ドラムの人に会って、音楽はアートだって言ってて、それをそこで実感してて
その後にこれみたから、うんうんってなった。
音楽もアート
でも破壊的なのはあんまり好きじゃなかったけど

アートやから音楽も見れるし
動きも音楽

静寂も私も大好き
音無しの光も影も水の泡もすき

うんうんって再認識な映画やった
鈴渚

鈴渚の感想・評価

2.5
発想は面白いが物語の中で回収しきれていない問題が多すぎる。主人公の聴覚体験を追体験できる所に重きを置いていると考えれば良いのか
無

無の感想・評価

3.5
演奏中校内を水浸しにする大騒動を起こし自分達の表現方法が認められないまま音楽学校を退学になった女サナがドラマーを6人集め公共の場所にある、ありとあらゆる物を利用し音楽テロを続けるが、その犯人達を追うのは天才音楽家揃いの一族の中で唯一音楽センスのない音楽嫌いな刑事アマデウスだった…
目的は違えど音楽という共通点で繋がる二人の男女は追いつ追われつする内にお互いを意識し始めるが…

またしょうこりもなく北欧映画を鑑賞。
感想を一言で表わすと楽しい!!
音楽に例えるとテクノで頭を空っぽにして何も考えずに脳と耳に流し込むタイプの映画。
アイデアは思いついても実行するのは難しそうだけど彼らの演奏に引き込まれてあっという間に観終わってしまった。
こういうのは観客が7人くらいのミニシアターで他の人と楽しさを共有しながら鑑賞するのが丁度良いと思う。
手術室の演奏が盛り上がりのピークになってしまったのは残念だけど北欧のシュールな笑いとユーモアがどこよりも一番好きかもしれない。
小洒落たCMのようだった。
スタイリッシュで音楽も良くて中身がない。
見てて飽きなくて楽しかった。
ITOCHU

ITOCHUの感想・評価

3.5
自宅
22時過ぎ
音楽がよかった。
患者を楽器に見立てる、銀行の業務用品を楽器にするなど魅力的な映像と音楽がこの映画の特徴。
音楽一家に生まれたが、音痴の主人公は警官として働くが根底にコンプレックスを持っている様子が、感情として伝わってくるのもよかった。
rage30

rage30の感想・評価

-
街中で即興演奏をする音楽テロリストと、音楽嫌いな刑事の話。

本作で一番の見せ場となる、音楽テロリストの演奏シーンは確かに面白かったです。
アイディアはユニークだし、見せ方も上手くて、まさに音を楽しんでるのが伝わってきました。

ただ、物語としては、飲み込み辛い部分が多くて。
音楽テロリスト側が普通の音楽を嫌う理由がよく分からないし、彼らの活動が一体何を訴えているのかもよく分からない。
また、音楽嫌いな刑事の方も、音楽が聞こえなかったり、耳から血が出たりと、よく分からない設定が頻出するので、すっかり混乱してしまったなと。

というわけで、ストーリーテリングにかなり難のある作品ですが、演奏シーンに関しては一見の価値があると思うし、1時間半の上映時間なので、興味があれば気軽に見て欲しいなと思います。
個人的にこれはすごく好き!!
映画でこそやれるこの芸術!!
前提として音楽が好き。
車の指示器がハイハットに聴こえるし、秒針が120bpmになる。
ただこれはいまいちだった。
ストーリーかな、つまんないのは。
naomi

naomiの感想・評価

5.0
天才。
>|