たますけ

李小龍 ブルース・リー マイブラザーのたますけのレビュー・感想・評価

3.5
ブルース・リーの実弟ロバート・リーが製作総指揮と監修を手掛け、兄の没後40周年を記念して製作された青春作。

ブルース・リーの自伝モノへの偏見があるので、あまり期待しないで見たのですがこれが思いがけず良かったです。
子供時代の見所はどちらかというと香港の年中行事でした。でも成長した青春時代をアーリフ・リーが演じ始めてから、まるで本人を見るように魅力的でキラキラしたシウロンになってました。これからが楽しみな若手俳優さんですね。

特にボクシングの試合のシーンと、タイマンをはるシーンは見応えありました!男子が好きな映画かも。
ラストシーンも余韻があってジーンとしました。ドラゴンへの道が流れてくると思わなかった。