きっと、うまくいくの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

きっと、うまくいく2009年製作の映画)

3 IDIOTS

上映日:2013年05月18日

製作国:

上映時間:170分

ジャンル:

4.3

「きっと、うまくいく」に投稿された感想・評価

光一

光一の感想・評価

4.7
教育や貧困などの深刻なテーマに触れながらも、映画として必要な「起承転結の正確性」や「布石とセットになった感動所」が網羅された凄まじい作品だった。

主演のアーミルカーン、「眼光が人と違う」って思って、リアル世界も調べてみたら、社会活動も滅茶苦茶やってる凄まじい人だった。

色々惚れました。10年弱ぶりくらいにNo.1映画更新。

シナリオ点4
構成点4
演出点4
映像音楽点5
印象点5
エモーショナル点5
追加点0.2
総合点4.7
koaji

koajiの感想・評価

4.0
うん、きっと上手く行く
これは面白いけど長い作品。
この作品に散りばめられてるネタはほとんどアメリカンジョークの定番。
宇宙飛行士がボールペンじゃなくえんぴつとかって30年以上前のジョークネタ。

というのでアメリカンジョーク好きとしては今更感があって、あざとさが垣間見えてポイントダウン。。。

まあだけどインド系の人間は言語の壁越えたら笑いのツボ、センスは共有できる感が欧米より確実にある!
kieran

kieranの感想・評価

4.3
インド映画初めてみたけどかなり良かった。

今まではインド映画とんねるずの伝わらないモノマネのイメージしかなかったけど他の作品はどんなんなんだろう。。。笑
って思った。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.8
観ようと思ったきっかけはTSUTAYAのシネマハンドブックで2000年代の1位に選ばれていたから。ちょっと評価が高すぎでは、と思わなくはないですが、面白いは面白い。

頭の切れすぎる主人公(ランチョー)が大人の欺瞞を次々に暴いていくという、それだけでも十分痛快なストーリーですが、行方をくらませた彼の正体が明らかになる流れもまた痛快。身分格差や、学歴偏重、競争社会の歪みなどといったインドの社会問題が背景となっているところも興味深い

難をいうならば、赤ん坊の出産シーンがかったるかったこと。歌唱シーンも面白かったのは主題歌だけだったかな。

あとやっぱりインド映画なんだから、最後に祝祭的な歌&ダンスが欲しかったなぁ。
chase

chaseの感想・評価

5.0
長いですけど、必修ですねぇ。
インド映画がここまで面白いものとは思わなかった。こんな青春もありかもしれない
IpponKnock

IpponKnockの感想・評価

4.5
力がみなぎってくる作品。最高です。
インド映画はあんま観たことないが、これはオススメできます。
人生で大切なことを教えてくれます。

割と長いけどあっという間でした。
かとう

かとうの感想・評価

5.0
最近よく映画を観るので記録することにした。素人がある種の芸術に点数付けて評価するなんておこがましいと思っていたが、自分の感性をはかるという意味では面白いと最近思った。というより自分が一つ一つの作品に対してどう感じたかというのを、自分の中できちんとフィードバックしていきたいというただそれだけのことである。
一度文章を書き始めると懲りずに途中でめんどくさくなってやーめっぴってなることが多いので、くだらん感想でいいから記録していこうと思う。

さて、この映画はおもろい。
めちゃおもろい。痛快爽快あたたかい。
自分なりに将来が不安になったりするけど、まあ人生なんてアールイズウェルなんぼのもんじゃいですよ。
人生で一番短く感じる三時間。おしまい。
ゆる〜い展開だけど嫌いじゃないな、とかチンタラ観てたら、涙が止まらないやんか、こんにゃろ
>|