こまち

きっと、うまくいくのこまちのレビュー・感想・評価

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)
3.9
無条件に前向きになれる、明るい映画だ。タイトル通り、「きっとうまくいく」。インド人独特のあの英語で"Aal Izz Well!"といわれると、何だかそんな気持ちにもなってくる。
ランチョーら3人のドタバタストーリーの合間に(唐突に)挿入される底抜けに明るいミュージカルシーンも良かった。これぞインド映画☆って感じ。
ずーっとただただ明るくバカ騒ぎするわけではなく、インドの高等教育が抱えている問題に踏み込んでいる点も良かった。「ムチを使えばライオンも芸をする。だけどそれは訓練で、教育じゃない」。現在も人口は増加していて経済的な成長も顕著で、未来の経済大国になると目されているインド。そのインドで、競争社会へ疑問を投げかける映画が作られたことには意味がある気がする。競争原理もちこめば何でも解決すると思ってる人は日本にも多いと思う。