光一

きっと、うまくいくの光一のレビュー・感想・評価

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)
4.8
深刻な社会問題に触れながらも、映画として必要な「喜怒哀楽の網羅」「起承転結の正確性」「伏線と驚きの設置」等々がとことん突き詰められた凄まじいインド映画でした!

5回目の視聴だったけど、やっぱりこの映画がNo.1。この映画を超える作品にこれから出会うことはできるのかなあと思う(笑)。
でも、いつか出会えると信じて、4.9、5.0は空けておきます。「映画」という素晴らしい文化がこの世界にあって良かったです。

(主演のアーミルカーン。ふと調べてみたら、社会活動を滅茶苦茶やっている凄い人でした…リアルランチョーなのかな…)

ストーリー点5
監督点4
役者点4
映像音楽点5
印象点5
エモーショナル点5
追加点0.1
総合点4.8

ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1〜0.2点加算