ハレルヤ

きっと、うまくいくのハレルヤのレビュー・感想・評価

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)
4.4
長い間気になっていた作品でした。このFilmarksでの評価を見ても、実際既に見た友達や知人の話を聞いても、絶賛の声しか聞かなかった本作。この度やっとの初鑑賞。

名作や傑作と呼ばれるに相応しい作品でしたね!今まで見ていなかった事を心から後悔しました。

インドの名門工業大学に入学した3人の男たちが繰り広げるドタバタ劇やドラマ。そしてその10年後の現在を並行して描く物語。

笑いと感動が見事に交差していて、とにかくずっと見ていられます。テンポの良さもあって3時間という長さを全く感じさせません。この長さがネックになってて、今まで見なかったのがアホらしいと思うほど。

インド社会が抱える競争社会や若者の自殺率の高さにも踏み込んだ内容になっていて、娯楽映画の中にもしっかりとした問題提起が成されているのも、非常に大きなポイントです。

主人公ランチョーの名言の多さも心に響くものばかり。ここでは紹介しきれないので是非ご覧になってください。笑

友人との絆や、自分自身の意思を貫くこと、どんな困難があっても絶対に諦めない気持ちなど、ただ楽しいだけの映画ではなく、人生において忘れそうになる大切なことを呼び起こしてくれます。

そしてラストもメチャクチャ気持ちよく、オチも上手く落としているので、最高の気分で見終われました。

誉めるとこ探したら誇張抜きでキリがないレベルです。笑
生きていく上で壁にぶちあたった時は、この映画が真っ先に頭に浮かぶでしょうね。僕のように気になってるけど、まだ見ていないという方がおられたら、問答無用でお勧めします!