きっと、うまくいくのネタバレレビュー・内容・結末

きっと、うまくいく2009年製作の映画)

3 Idiots

上映日:2013年05月18日

製作国:

上映時間:170分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「きっと、うまくいく」に投稿されたネタバレ・内容・結末

よく目にするから鑑賞してみた。インド映画って3時間もあるから途中1倍速しちゃう‪‪💦‬ジョイの自殺、ラージューのとびおりが辛かった。ジョイは思い詰めたんだな。ラージューは仲間を売らなかったな。自殺の多さ、当たり前のように夢をあきらめる人が多いのもかなしかった。自殺はよくないけど学長に腹がたつ。娘が言った通り殺人という言葉がよぎる。ランチョーのとんちはおもしろかったし、ラージューへの励まし方は愛を感じた(*^^*)色々なうたのタイプがあった☺︎🎶ランチョーが実は違う人でぞっとするくらい驚いた!いつかきっとバカが2人会いにくるって言葉にうるっときた。移動距離すごいなー出産シーンではお腹と同じうまーくいくーと言う言葉でまた蹴り、奇跡をよんでよかった😢学長がお前は好きなことをやれ、サッカー選手かみたいなところは少し成長を感じた!おしっこのシーン最初も最後もあった🤣ミリ坊主よかった☺︎2人の愛のシーンもベタなんだけどよかった💝途中でワングルなんだろうなとは思っていたけど最後はすっきり✨ぐっと話が詰まった笑って泣けるサクセスストーリーでした☺︎
個人的に、カメラマンを目指してる人が、お父さんと話し合いに帰るところがすきだった。自分で決めたことを親にちゃんと賛成してもらってから頑張るってところがいい。自分のやりたいことをやる覚悟がみえた。
映像も、卓球してたり、白黒だったり、いろんなカットがあって飽きずにみれた。最後の終わり方もすき。


一番好きな映画。



インド映画らしいいろんな要素を取り込んだ映画内容とボリュームながらその内容の良さにさっくり見終わってしまう。


何度見ても、アールイズヴェルは名曲だし、ジョイ・ロボの一人で歌うシーンは切なさが伝わってくる。
一人の父親を喜ばせるために頑張ってきたのに最後の最後に学長によって全てを無に帰され絶望の末に自殺してしまう。

インドでは、男はエンジニアに女は医者になることが成功の第一条件で、就職するまでの間競争を余儀なくされる。
競争を降りるためにはロボのように自殺するか、成功の道を外れるか。

ランチョーにとってはエンジニアはなりたくてなるもので、それこそ美徳を追い続けて成功が付いてきた人。
だからこそ、本当にやりたいことを追い求めれば成功が付いてくることを知ってる。

ここまでだと綺麗事ではあるけど、ファルハーンはお金はあんまり無さそうだけど幸せそうに動物写真家になっているし、ラージューも人生か友情かをとって選べず自殺を図るものの、最終的にエンジニアになって裕福そうな生活をしてる。

全員が全員裕福で好きなことをして生きているわけではないけれど、それぞれがしたいことをして自分に正直に生きることで「うまく」いってる。

臆病な心はきっとうまくいく、で誤魔化して自分に正直にいれば必ず成功はついてくるもの。

たぶんそんな映画。
なにもしたくなくなった時に見ると次の日も頑張ろうって思える。
なんで今まで見てなかったのか疑問に思うぐらい大好きな作品になった。
ポスター見て勝手に感動系のやつかなー、と勘違いしてたけど、結構全編通してテンポがいいし笑えた。もちろん泣き所も結構あって、ほんとに何度も泣いてしまった笑
シリアスなシーンも結構あるし、社会問題にも深く切り込んでるけど、重く感じない。時間だって結構長めの作品だけど、そんなに長く感じなかった。笑いあり涙あり、ロマンスあり、インド映画らしく歌もダンスもあり、最後にはハッピーエンドと要素もりもりだけど、散らからないでストーリーもしっかりしてる。すごい。
ランチョーみたいな型破りな友達いたらきっと楽しいんだろうなあと思った笑笑
ランチョーはやる事は破天荒だけど、考え方がしっかりしてて、刺さる発言が多かった。
最初はビジュアルが好みだったからラジュールかっこいい〜!って思ってたけど、全編見終わったら圧倒的ランチョー推しになりました。ランチョー…ランチョーかっこいい………
内容が濃くて、面白くて、途中で観るのがやめられなかった!歌もダンスも素敵。
それにしても、ランチョーの考え方は見習わなきゃ。勉強する意味は競争じゃないもんね。原点に戻ったような、色んな問題を提示してくれる映画。
最後のシーンに出てくるような学校が本当にあったらいいな。
笑いあり感動ありダンスあり!
あの3人の友情に万歳。時間が長い分、3人の絆に深みが増して最後は泣けた。ヘラヘラしているようにみえて、みんな悩みを抱えてる。けどきっとうまーくいーく。深いわ。ランチョーさまさま。笑 大学時代が懐かしく思える。
ぼくも学長の部屋に泥棒してればもっとGPA高かったんだろうなぁ🥺
Aal izz well〜!\\ピーピーピー!(指笛)//
良すぎた。
さすがインド映画、ミュージカルシーンがあらゆる意味で印象的。
スビドゥビズビドゥビパランパンには爆笑した。これはズルい笑

コメディ映画で陽気な笑いの中に人生への問いかけも後々への伏線もふんだんに散りばめられていておもしろい。
特に伏線はあれがここに繋がるのか!と驚く。
学生時代と現在が交差するストーリー展開もすごくよかった。
ランチョーの人物像が魅力的すぎる。すごい人だ。
なかなかの長編映画だけどキャラクターがそれぞれ個性豊かで魅力があって、3時間も経っていることに驚くほどあっという間だった。

ラストはひたすら「とりあえずペン返せ!」「いいからペン返せ!」と叫んでしまった。笑
そのペンめちゃくちゃ大事!
好きなことをやって生きる大事なのは順位ではない
>|