mei

アンチヴァイラルのmeiのレビュー・感想・評価

アンチヴァイラル(2012年製作の映画)
3.2
\\ 好きな人の細胞を取り込みたい!! //

芸能人の使ったストローが売買されるように、近未来ではセレブのウィルスが大人気!変態的なSFスリラーです。

へー。ってなるでしょ?
具体的に言うと、セレブの細胞を培養した肉が大人気なんです。

うげー。ってなるでしょ?
気持ち悪いよ〜。そんなセレブ肉を食べるのも絶対嫌だけど、「憧れのあの人と同じ病気になりた〜い♡」とか思っちゃう狂ってる人達がいるの。うげげ〜

いくら大好きな人の菌でも病気にはなりたくない( 'ロ')/'ロ')/'ロ')/'ロ')/!!!

……けど、そういうば中学生の時に新選組にハマって「死ぬ時は沖田総司と同じように結核で死にたい!」とか言ってたな〜。今考えると痛々しくて恥ずかしすぎる。

い、いや、やっぱりセレブ肉の方が狂ってるな。←どっちも狂ってる


これね、結構エグいからビビりさんにはオススメしませんよ!序盤から口の中に注射を打つところを見せられるし、皮膚を採集されてる。うげーっ!!

グロさと美しさの間ぐらいの映画です。
芸術と狂気って紙一重。グロくてエグくて吐き気がするんだけど、その美しさに引き込まれる時ってあるよね。

グロイのもエグいのも苦手ですが、最後まで観てしまいました!

ざっくり説明すると変態映画なので、心当たりのある人にはオススメです\(^o^)/