chako

ヘンゼルとグレーテルのchakoのレビュー・感想・評価

ヘンゼルとグレーテル(2007年製作の映画)
3.2
グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」をモチーフにした韓国のホラーファンタジー映画。


深い深い森の奥に住む3人の子供達。そこへ迷い込んでしまった主人公の男。
親切にもてなしてくれるけれど、どこか不自然で奇妙な子供達。

「この森からは出られやしないよ」

子供達は一体何者なのか?
この森は一体・・・?


ホラー映画はあまり観ないのですが、「サニー 永遠の仲間たち」、「怪しい彼女」のシム・ウンギョンが出てたので鑑賞。
作風的にはホラーというより、ダークファンタジーのような感じ。

終始、漂う不気味な空気。
そして、奇妙で謎めいた物語の真相が徐々に明らかになっていき、真相を知った時にはただ哀しかった。
その真相も韓国映画らしくて、心にズーンとのしかかる感じ。

また、シム・ウンギョンを始めとした3人の子供達の演技力の高いこと。レトロなお嬢様ファッションもお似合いでした。