ピロシキ

愛のコリーダのピロシキのレビュー・感想・評価

愛のコリーダ(1976年製作の映画)
4.0
基本ずっとハメてる ずっと
正直、初めは「あゝ成る程コレは噂通りのハードコアポルノ笑」などと面白半分で観ていた
しかし
男(のナニ)を独占したい女の情念がメラメラと沸き立つにつれ、知らぬ間に画面に釘付けになっていた

「アートとしての性行為」などという表現は陳腐!桁外れすぎる役者の熱演と製作側の執念を電磁波のように浴び続けてヘットヘトの自分は「あー観て良かったー」なんてため息交じりに漏らすのが限界でしたよ