アンコール!!の作品情報・感想・評価

「アンコール!!」に投稿された感想・評価

hirotan

hirotanの感想・評価

3.8
ちょっとあり得ないかな。
夫婦愛はよかった
こんな素敵な夫婦関係が築けるようになりたいなぁって。
tjZero

tjZeroの感想・評価

3.8
ロンドンで暮らす老夫婦。
夫アーサー(テレンス・スタンプ)は、病身の妻マリオン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)の代わりに、合唱コンクールに出場することになるのだが…。

老人の合唱団がヘヴィメタやヒップホップを歌う、という設定は一見突飛。

だけど、中身というか骨格はオーソドックス。

物語のポイントはふたつ。
① 頑固で気難しいアーサーが、自分の言葉で謝ることが出来るのか。
② 歌が苦手なわけではない彼が、いつその歌唱を披露してくれるのか。

他の娯楽映画に当てはめると、①は「意中の相手にどうやって告白するか」という恋愛映画に、②は「長年銃を手放していた主人公がいつ発砲するのか」という西部劇に通じる。
つまり、堂々とした王道のエンタメ展開。

そんな、ベタになりかねない題材を、脚本・監督のポール・アンドリュー・ウィリアムズはスマートに処理している。

妻マリオンの病の悪化を街灯が点滅する様子で、アーサーの意欲の復活をソファーからダブルベッドに寝場所が戻ることで暗示する…といった描写にムダが無いので、94分でスッキリと収まった。

原題にもなっているマリオンを演じるレッドグレーヴの出番は多くは無いんだけど、卓越した演技力によって、常に映画内にマリオンの存在を感じられる。
その存在感は、愛妻を忘れられないアーサーの心情とバッチリ重なるので、観ていて心地いいし、説得力もある。
jt

jtの感想・評価

3.8
シンディローパといいモーターヘッドいい 曲が最高。ただこの映画はいい映画やった。
はけ

はけの感想・評価

3.8
頑固で不器用、しかし妻には逆らえない老人が、妻の死後、妻の参加していた合唱団に、という話。
序盤は仲良し老夫婦の日常でほっこりする程度だが、状況が動く中盤から引き込まれ、ラストまで時間を思い出さずに観ることかできた。
ソファのシーンのわかりみが深すぎてせつなくなりますね。
邦題の「アンコール」ですか、作中でアンコールなんてないし作品となんの関係もないですね。
この映画のタイトルは「Song for Marion」です。
こういう映画、ほんと好き。
頑固なアーサーだけど、誰よりもマリオンを愛している。ほんと、いい夫婦愛だよね。
ラストの孫の一声が可愛すぎてな♡Come on!Granpa!!
後半1時間ずっと泣いてました
me

meの感想・評価

4.2
ずーっと泣いてた。

不器用で頑固なおじいさんの愛の歌、確かに届いたよ。
natsu

natsuの感想・評価

3.5
邦題もsong for marionでいいのに!
>|