IT/イットの作品情報・感想・評価

「IT/イット」に投稿された感想・評価

スタンドバイミーのホラー版。

起承転結はハッキリしていて良いが、とにかく長い。

ピエロは不気味だし、そういう意味では割と怖さもあるが、正体を知ってガッカリ。

まぁ、当時なら仕方ないか。

ラストシーンはホラーっぽくないが割と良い。
asa

asaの感想・評価

3.0
パッケージのペニーワイズがいちばんこわいんですけど

えっ何か拍子抜けしてしまいませんかこれ……!このラストに向けての失速感。これはないでしょ…… そんでもって長い。テンポ良くないけど、かといってカットできそうなとこもそんなにない。結果長い。これいらなくね?ってシーンはそんなにないけどふとした隙に「長いなぁ…」と思ってしまう

子供時代のとこはわりと嫌いじゃなかったです!排水溝に引きずり込もうとするペニーワイズメッチャ怖い。夢に出る。あとペニーワイズがシャワー室に出てくるとこはメッチャ怖かった。ペニーワイズも怖いしシャワーも怖い。行く手を阻むシャワーメチャクチャ怖い。負け犬ちゃんたちでクラブ結成してよろしくやってるとことか青春でいいなぁ〜〜って思いました。これホラー映画ですけど。

ただ大人になって集結してからの展開がえぇ〜〜そりゃないでしょ〜〜という感じ。あとなんで途中からちゃっちいCG使い始めたのかも謎……。ラストもお前そりゃないでしょという。リメイク版に期待してます
リメイク版に向けて鑑賞。
前半と後半で別映画かな?w

前半の子供達の絆と友情の物語はめちゃくちゃ良かったし、あのぐらいの頃に戻りたくなった。

最後があかーーーん
グロイと思って晩飯食べないで見てたんですけど3時間ぐらいあるし全然グロくないし

すげえ安心した
前半テンポよかったけど、とにかく長すぎて集中力が切れちゃう映画だった。
インド映画だったらよかったのに
kamatsu

kamatsuの感想・評価

3.4
現在大ヒット中の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の公開よりずっと昔、『シャイニング』や『スタンド・バイ・ミー』『ミザリー』『ペット・セメタリー』等でスティーヴン・キングの世界にハマり、その延長線上で、劇場用映画ではなく、テレビドラマとしてレンタル・ビデオ店にあった本作をいち早く借りて観た。子供たち一人ひとりの心の弱みにつけ込んでは出没し、命を狙う、この殺人ピエロ“ペニーワイズ”、本当に衝撃的な怖さだった。ティム・カリー演ずるペニーワイズは、ボサボサの赤髪に異常に面長で、デカイおでこに真っ赤な目はカッと見開き、きわめてグロテスクな顔。まだ最新版を観ていないが、写真で比較する限り、この1990年版のペニーワイズのほうが圧倒的に怖い。このテレビ版が放映されて、全米がピエロ恐怖症に陥ったというが、某人気ハンバーガー店のピエロ君さえも恐ろしく感じた私も、その例外ではなかった。ストーリーは2部構成になっていて、1部は子供たちが、2部はその子供たちが大人になって同じ場所に集結し、ペニーワイズと対決するという内容だったと思うが、2部ではオリヴィア・ハッセーやアネット・オトゥール、デニス・クリストファーら、当時憧れだった人気スター俳優たちが出演し、嬉しかったのを覚えている。少年少女が抱える心のトラウマの克服劇ともとれる、多分に『スタンド・バイ・ミー』的な要素の強い、青春ホラーの力作。ただ、最後のB級ホラー的な尻すぼみ感は、ちと否めない。さて、最新劇場版では、1990年版の“最恐”ペニーワイズを超えられたかどうか…。
965

965の感想・評価

3.5
青年時代の青臭さとかキング映画らしくてとても好きです。
大人のファッションのちょっとダサい感じもとてもいいですね。
変なモンスターも好きです、もしかしたら先にこっちをみてたらリメイク版をあまり好きになれなかったかもしれません。

途中で出てきたお月様と話すおっさんが唐突すぎて一瞬ついてけなかったです。
Sato

Satoの感想・評価

4.0
リメイク版ITを観てからの鑑賞

すごい古い映画だったけど今の時代には当たり前の様にあるCGなど使わずにあそこまで怖さを表現出来ているところに驚き

リメイク版とは色々表現の方法など違い面白かった

現在上映中の映画の方がグロいし怖かったけどそれはCGありきだと思った
次回作が2年後に出るらしいので楽しみにしておく

是非、小説でも読んでみたい
>|