キミシマムザ裕君

TOKYO TRIBEのキミシマムザ裕君のレビュー・感想・評価

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)
2.6
練馬、渋谷、新宿、高円寺、池袋、それぞれの地区を仕切るギャングが競い合っているこの街、そうそれがTOKYOTRIBE ♪

『ヒミズ』『冷たい熱帯魚』の園子音監督によるラップ・ミュージカル・アクション映画。
原作漫画は未読で鑑賞。

※ラップ調で読んで下さい。

♪~
Yo, Yeah
この映画は新感覚、全編ずっとラップ、
日本を誇る豪華キャストでお送りするTRIBE、
アクションも多く、パンチラも豊富、
監督らしさが出てるグロエロも満載⤴

ただ、言わせてもらうZE(語り口調)

なんだこの映画、クソ程ツマンネェ、
内容は意味不明、成り行きで荒唐無稽、
これが園子音?What the Fuck !?
俺を虜にしたあのキレキレな監督はどこに行っちまったんだ
『新宿スワン』も微妙そうだし、『リア鬼ごっこ』も賛否両論、Yeah
そろそろ見切りをつける頃か、メェーン。

だけどもやっぱり、キャストは豪華、そこだけ評価、しなきゃあとはFall down、

彼は鈴木亮平、演技派だHey!
ゴリゴリの筋肉で女を魅了するギャングスタ。
だけど考えてることはずっとチン○ポのことダ。
日本刀と二丁拳銃のアクションは必見サ。

そしてヒロイン、NANANA,清野奈名。
実は俺がひそかに推しまくってるオンナ、
『東京無国籍少女』のときばりのアクション、
そして監督の趣味丸出しなパンチラシーン、、監督も鼻血、ファンの俺も歓喜、
彼女の純白パンツだけでも+0.5点、
更に汗だくなOPPAIも出してくれて+0.5点。

後は記憶にねぇが、めちゃくちゃ豪華、
佐藤隆太はびっくりするほど影が薄いゼ、
大東俊介の服はハロウィンのコスプレだとしてもダサイゼ、
しょこたんはチョイ役、叶美香は胸を揉みしだかれる、
窪塚洋介は相変わらずキチガイ、家具のチョイスが場違い、
竹内力はそれを超えるジンガイ、もっと出演作を選べよこのHENTAI、チェケ、
他にもマジモんのラップスター、練マザファッカー他が沢山出るぜぇ、でもおれ知らねぇ、そもそもラップに興味がねぇ、
練マザッファカー?
I don't give a Fuck!!
ラップ好きなら楽しめる演出なのかもしれねぇ、
そしてお前だ、
お前は、
結局、
なんだったんだ将太、
SHOTA、
染谷将太。
カメラ目線視聴者に語りける姿はもはやジョークだ。

Yeah....

これが俺のみた 東京TRIBEのすべてだZE…(語り口調)

~♪

どうです?読みずらかったでしょう?
ラップのみで何かを伝えようとするとこうなるんだと思います。この映画も同じです。
ただ自分はロック好きでラップはそこまで興味がないので楽しめなかっただけで、実はギャングスタな方々が観れば楽しめたのかもしれません。あとラップ考えるの超めんどくさくて結構適当です。

(音声でこのラップレビューを聞きたい方はキミシマムザ裕君に直接会った際にお願いすると即興でやってくれます。多分。)

ラップ好き、園子音監督好き、鈴木亮平の凶悪な筋肉が観たい方、そして清野菜名ちゃんのエッチなパンチラが観たい方にはオススめの作品。