TOKYO TRIBEの作品情報・感想・評価

TOKYO TRIBE2014年製作の映画)

上映日:2014年08月30日

製作国:

上映時間:116分

3.0

あらすじ

近い未来の“トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。トライブ間の暴動・乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていた。しかし、ある事件をきっかけに、その均衡はもろくも崩れ去るーブクロは、ブッバとその息子ンコイ、さらにブクロWU-RONZのボスであるメラが、政治家をも丸めこんで街を牛耳り、勢…

近い未来の“トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。トライブ間の暴動・乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていた。しかし、ある事件をきっかけに、その均衡はもろくも崩れ去るーブクロは、ブッバとその息子ンコイ、さらにブクロWU-RONZのボスであるメラが、政治家をも丸めこんで街を牛耳り、勢力を拡大しつつあった。そんなある日、メラはトライブの中でも異常なまでの敵対心を向けるムサシノSARUのメンバーであるキムをおびき寄せ、罠を仕掛けた。キムを助けるため、ムサシノSARUのリーダーであるテラ、ハシーム、そして海は、最危険区であるブクロに乗り込みWU-RONZを率いるメラと対峙する。そしてそこには、キムともうひとり、謎の女・スンミが囚われていた―メラが海を敵視するワケとは?謎の女・スンミとはいったい何者?さらに、ブッバ一家が崇める大司祭とは・・・?メラが、ムサシノSARUに仕掛けた戦争はトーキョー中に派生する。トーキョー全土を巻き込んだ想像を絶する一大バトルが、今夜はじまろうとしていた。

「TOKYO TRIBE」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

2.9
キャスト自体は豪華なのに配役がなあ
窪塚洋介は流石、ハマってた

退廃的な街の感じとかは良かった
原作読んでないけどラップしながら殴り合い殺し合ってんのが自分には単に不快でした。ヒップホップだけで争ってればいのに。ただB級邦画としては好きかもしれない。

染谷将太はなんだったんだ…
taxxx

taxxxの感想・評価

3.0
うん。やぱ原作だな
豪華出演陣の使い方が個人的にハマった
これだけ凄いラッパーが集まった日本映画って無いんじゃないかいメ〜ンてな感じでビーボーイでソノマニアの俺は飛びついたわけ!
竹内力や鈴木亮平の狂いっぷりもイカスし清野菜名の脱ぎっぷりも良いし
1分ごとに名場面だしアクションもいけてるしゲットーも良くできてるのに、なんか全体通してみるとサグにもアッパーにもなれてないんだよね!D.O以外はミュージシャンも個性出せてないし おとなしいね
コレジャナイ感が一杯です。
さすがの園子温監督でもノトーリアスなラッパー集めて映画作るのはビーフになっちゃうし、監督チキンだったのかな?ドープな映画になって欲しかったっす!
ラップで歌って踊れる映画作って欲しいっす! チェケラッ!
まこと

まことの感想・評価

3.4
暴れまくる鈴木亮平とか

竹内力の沸騰具合とか

美香さんの佇まいとか

練マザファッカーのまさかの出演とか

清野菜名の取り扱い方とか

なんかもういろいろすごかったけど

一番すごかったのは染谷君のRAP


今思えば園子温監督だからわざわざ劇場に観にいったような気がする
沢田

沢田の感想・評価

-
2018年 鑑賞記録
ゆきよ

ゆきよの感想・評価

2.0
『HOPE -TOKYO TRIBE ANTHEM-』の各ラッパーたちが良いリリック刻んでる。特にD.O〜MC SHOWの流れが希望に溢れててよろしい。

普通の映画だと思って観てしまったけど、思ったよりミュージカル調で、観終わって気づく「もっとラップに注目してやればよかった」という後悔が。
でもわざわざ見直すにはストーリーが薄くて…。

ていうか奥野瑛太さんせっかく出してるんだからもっとラップさせたれや!なんだあのチョイ役は!
やまと

やまとの感想・評価

3.3
16年9月15日
【TOKYO TRIBE】
美術のおかげで世界観はすごくできた。役者もいい意味でぶっとんでいた。本物のラッパー出てるからラップもそんなには違和感はなかった。
清野菜名可愛すぎ
窪塚洋介かっこいい
marina

marinaの感想・評価

2.8
内容はそこまで、ラップで会話してみるのがミュージカルみたい。
>|