TOKYO TRIBEの作品情報・感想・評価

TOKYO TRIBE2014年製作の映画)

上映日:2014年08月30日

製作国:

上映時間:116分

3.0

あらすじ

近い未来の“トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。トライブ間の暴動・乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていた。しかし、ある事件をきっかけに、その均衡はもろくも崩れ去るーブクロは、ブッバとその息子ンコイ、さらにブクロWU-RONZのボスであるメラが、政治家をも丸めこんで街を牛耳り、勢…

近い未来の“トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。トライブ間の暴動・乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていた。しかし、ある事件をきっかけに、その均衡はもろくも崩れ去るーブクロは、ブッバとその息子ンコイ、さらにブクロWU-RONZのボスであるメラが、政治家をも丸めこんで街を牛耳り、勢力を拡大しつつあった。そんなある日、メラはトライブの中でも異常なまでの敵対心を向けるムサシノSARUのメンバーであるキムをおびき寄せ、罠を仕掛けた。キムを助けるため、ムサシノSARUのリーダーであるテラ、ハシーム、そして海は、最危険区であるブクロに乗り込みWU-RONZを率いるメラと対峙する。そしてそこには、キムともうひとり、謎の女・スンミが囚われていた―メラが海を敵視するワケとは?謎の女・スンミとはいったい何者?さらに、ブッバ一家が崇める大司祭とは・・・?メラが、ムサシノSARUに仕掛けた戦争はトーキョー中に派生する。トーキョー全土を巻き込んだ想像を絶する一大バトルが、今夜はじまろうとしていた。

「TOKYO TRIBE」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

2.0
キャスト自体は豪華なのに配役が…
窪塚洋介は流石、ハマってた

退廃的な街の感じとかは良かった
原作読んでないけどラップしながら殴り合い殺し合ってんのが自分には単に不快でしかなかった。ヒップホップだけで争ってればいのに。

染谷将太はなんだったんだー
通行人A

通行人Aの感想・評価

1.5
鈴木亮平が良かった。日本人ラッパーは知っていたらそれだけでわーいってなれるくらいの人選だったので楽しかった。
こ

この感想・評価

3.9
窪塚の役がドンピシャで好み。コメディ
ai7n28

ai7n28の感想・評価

2.7
鑑賞2回目

飽きかけてきた時に血が飛ぶもんなぁ園子温は
鈴木良平くんが好きならたくましい体も見れるのでいいと思いますが、何気なく見た私の感想は、恥ずかしい…でした。
ギャングたちが歌ってしまうので力が抜けます。
ラストまで見ましたが、突っ込みをいれてしまうほど、日本語の歌いながらの演技は恥ずかしい!
歌が英語なら全く違う印象だったと思います。
gari

gariの感想・評価

3.5
原作の大ファンという立場では点数は3.5にせざるを得ないけれど、正直何回でも観られる作品。
今も現役のラッパー達のラップがたっぷり堪能出来るだけでも価値があるし、俳優さん達のラップも生き生きしている。
冒頭の長回しは緊張感が維持されるし、園子温のやりすぎ演出もエログロ感の確立に一役買っている。
原作通りの展開なら3時間でも足りないだろうし、映画化に際してラップミュージカルという描き方を持ち込んだ監督に異端を感じる。
何より原作のキャラも映画だけのキャラもみんなハマっているところがいい。
Lizzie

Lizzieの感想・評価

3.4
Young Daisがめっちゃかっこいい
yuキse

yuキseの感想・評価

1.8
頑張って最後まで見たが…
日本語ラップでミュージカル映画やったら壮大に滑った作品。
観ているのが苦痛な映画って人生でそうそう出会えるものじゃないけどこれはうちの一つ。
ただ染谷将太のラップはかっこいいし、昨今盛り上がりを見せるジャパニーズヒップホップシーンの中心にいる漢a.k.aGAMIや練マザファッカーのD.Oなどが出演しているなど、楽しめるポイントはある。
>|