武士の献立の作品情報・感想・評価・動画配信 - 120ページ目

武士の献立2013年製作の映画)

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「武士の献立」に投稿された感想・評価

rocco

roccoの感想・評価

4.5
2013.12.14
映画館:K

じわじわと伝わってくる日本映画らしさを感じる作品。

素敵な料理の数々に、観終わった後は改めて料理の大切さを感じた!
Umi

Umiの感想・評価

3.5
“良い映画”といった感じ。結末は予想できていたので、それまでを楽しみながら観ていた。

上戸彩は“気の強い女性”を演じていたけど、ああいぅ気の強さだったら私もほしい。素敵な奥様です♡

高良健吾がかっこ良かった♡稽古のシーンとか凄いなぁ…と。かと思えば、クスッと笑えるシーンもあり、高良健吾がキラりん☆としている映画でした。
iipara

iiparaの感想・評価

5.0
ものすごくいい映画だった。生きることの大切さ、働くことの尊さ、食べることの素晴らしさ、家族の有り難み、何もかもがこの映画にはつまっている。

自分のお役目を全うして、それに、全力を尽くすことが、ひいては、国を動かすくらい、大きな力になることを教えられ、身の引き締まるような気持ちになった。

「つまらないと思っているから、つまらない仕事になるのです」って台詞もドキッとしたし、料理の力で国を変えるぐらいの働きができるとわかった時の、健吾様の演技が素晴らしかった(#^.^#)

無駄のない演出、おいしそうな料理の数々…いい映画とはかくあるべきというお手本のような作品。

日本人は全員観て、食べることや料理することについて、この映画からじっくり学んで食事を頂くと、作ってくれた人への感謝や食事ができる有り難みがいっそうわかっていいと思う。

ちなみに公開初日に舞台挨拶つきで鑑賞。生・高良健吾様はかっこよすぎて気絶しそうなくらいだったし、上戸彩ちゃんが、すっごい可愛くてびっくりでした!(◎_◎;)

生きててよかったと思える瞬間でした(#^.^#)
Kumonohate

Kumonohateの感想・評価

2.4
「武士の献立」観了。期待してたんだけどな。全体的に残念な出来。作るときに窮屈な要因でもあったんだろうか。
親に連れられて行ったから、最初は興味が薄かったんだけど…
でも見てよかったー♡心が温かくなる。丁寧に調理することにとても興味を持てたし、はるの献身的に夫を思う心に打たれました。
あんな素敵な女性に、料理頑張りたいな♡って思えます♡
Masoee714

Masoee714の感想・評価

2.7
彩ちゃんはほんとうにいいお嫁さん。お化粧うすそうなのに本当に可愛らしい!
不意のハマケンさんにつぼりました。はまり役。
aya

ayaの感想・評価

3.0
江戸時代、包丁侍と呼ばれる将軍の台所を担う武士に嫁いだ料理の上手な嫁が主人公。単純に上映時間が長く、大きなハプニングも絶対的な悪役もいないため、ダラダラと話が進む印象。歴史が苦手な私にとって政治観の絡む時代背景がすんなりと入らなかった。主役夫婦が単純に美男美女で素敵。多くの料理が出てきたが、和食を食べたくなる、というより、私もこんな風に料理上手だったら、春みたいな料理のできる嫁になりたいと思った。ラストシーンが本当に素敵。あのシーンにより、映画全体の印象がぐっと良くなった。

あなたにおすすめの記事