武士の献立の作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

武士の献立2013年製作の映画)

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:121分

3.3

あらすじ

「武士の献立」に投稿された感想・評価

SATOI

SATOIの感想・評価

3.3
台所を任される武士がいたとは知らず、新鮮な切り口の時代劇だと思います。
刀ではなく包丁を持つことになる安信の葛藤も切なく描写されていました。

しかし饗応料理は美味しそうだけど膳の数が多くてこれ全部食べるの?!と驚きました。
石川県出身のため郷土料理などいろいろ出てきて楽しかったです。ゆべしは昔一度食べてみて苦手だったけど、もう一度チャレンジしてみようかな。
最近よく料理をするようになったので、料理映画が楽しくなった。
加賀藩に仕える料理人「包丁侍」舟木安信と嫁いだ春と家族の物語。
自分たちが当たり前に接している受け継がれてきた文化は色んな人のストーリーで繋がってると想像すると面白いですね。

ストーリーの流れは昭和のサラリーマン物語。理不尽な人事や将来に不安を感じつつ、自分の仕事と向き合って妻に支えられて結果出して認められて。
僕は結構好きでした。
もう少し料理を写して欲しかったかな。
ナオヤ

ナオヤの感想・評価

3.0

料理人🎬

ストーリーは江戸時代を舞台に藩の御家騒動に巻き込まれる夫と、包丁侍の夫を支える主人公の姿を描いた作品でした。作品は夫婦愛や料理ではなく御家騒動という政治的観点がフォーカスされていたのが残念でした。加賀料理といえば京風と江戸風を融合した料理と言われる伝統的な料理なのでもう少しフォーカスして欲しかったというのが印象です。
マリア

マリアの感想・評価

3.5
お腹すいた・・・
西田敏行が涙目になっているのが演技なのか本当なのか分からなくて笑ってしまった
a

aの感想・評価

3.0
なんとなく身始めたけど、ストーリーが面白いのと、大袈裟過ぎない表現が個人的にあっていて、楽しめました。
悪く言えば、重いストーリーの割に、意外と軽いというか、固執してないというか…淡々とした印象を受けもするのけれど、飽くまで包丁侍についての話なので、その塩梅のおかげで、脱線しなくてよかったと思う。
主人公のふたりに着物がよく似合っていて目が幸せでした。
にしても、西田敏行さんは土下座と泣き落としが似合う笑
hapyrin

hapyrinの感想・評価

-
ただただ、上戸彩と高良健吾が美しい

昔の女の人は今以上に大変そう…
今も大変すぎる
のん

のんの感想・評価

3.8
最後のチャラ?の曲が合わなかったけど、個人的には好きな映画だった。
終盤に至るまで前に一度観ていることをすっかり忘れていた。そのくらいの印象の作品。
安信の台所方(包丁侍)としての成長より、暗殺計画と定之進関連のエピソードを軸に話が進行するので意外と重い。もう少し当時の食文化をフィーチャーした内容であってほしかった。

CHARAの主題歌がぜんっぜん合ってないんだが…
食について掘り下げたものだと思っててそのあたりの話が薄くて残念だった。
内容が好きだったからそこまでひどい映画だとは思わないけど、おすすめしたいかといえばどうだろう…

全体的に話がぼやっとしてる印象。夫婦としての想いの変化、夫の料理への想いの変化、食の重要性。どれも良い話内容なのに盛り上がりがあまりなく、坦々とした変化でそこまで心変わる内容あったか?って感じでした。
話の誇張しすぎるのも良くないかもだけど、料理の見せ方とかもう少し多めにして食欲そそる感じにしたり。。
やっぱりもう少しどこが盛り上がりがほしかった。

ストーリーはおもしろくて、映画の枠では話がおさまっていない気がした。多分盛り上がりどころを作ると時間足りなかったのかな?
NHKのドラマとかでしてくれたら楽しそうな内容だったからぜひ期待したいなぁ
ちづ

ちづの感想・評価

3.6
面白かった‼︎実在した料理侍のヒューマンドラマ。時代劇も大好き😄

あなたにおすすめの記事