武士の献立の作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

武士の献立2013年製作の映画)

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:121分

3.3

あらすじ

「武士の献立」に投稿された感想・評価

年上女房の夫婦は見てて面白い。

出来ない夫をできるように妻が叩き上げる感じが鋤き。
苺

苺の感想・評価

3.6
上戸彩可愛いなー!
こんなお嫁さん、私が欲しいわ笑
料理が上手い時点でもう最強です。
いちいち料理が素晴らしくて、お腹が空きました。
衣装や美術面も観ていて楽しかった!
そして西田敏行の貫禄!
淡々としてるけど、色々と見どころあって温かいストーリーでした。
和食の素敵さを感じました^ ^
ponyuka

ponyukaの感想・評価

3.7
2021.7.2

高良健吾の演技が初々しい。
上戸彩の着物がどれも美しくてお似合いで、映像を観るだけでも楽しめました。
美術や衣装、食材や屋敷の室礼まで、隙のない仕立てで作品の厚みが増す。能登行きのシーンも重要。地味ながら折角の秀作なのにタイトルで日和ったか。
Yuuuuuka

Yuuuuukaの感想・評価

3.3
日本料理の美しさや繊細な美味しさ、それを大切にしてきた歴史が侍を通してちょっぴり感じられる映画。
これこそ誇れる日本文化の一つだけど、こういう映画は翻訳されず外国人の目に触れられない歯痒さがある。
(女たちの着物も柄に柄と絶妙な色合わせのハイセンスなファッション…日本伝統の芸の細かさ~~!)
mare

mareの感想・評価

3.5
料理が美味しそうで楽しく拝見しました。内助の功と言った役所は主人公によく合っていて、半沢直樹を彷彿とさせていると感じました。
shio

shioの感想・評価

3.0
包丁侍という職業があったとは
ニワトリを逃してやる高良健吾優しい
昔の女の人は強いなあ
私も春を嫁に欲しい
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
ストイックでプライドを重んじるヤスノブとどこまでも健気なハル。二人が本当の夫婦になるまでの道のりを見ると夫婦とは結婚した日から二人で作り上げていくものだなぁとつくづく思う。山本周五郎の読後のように胸が熱くなった。
今の時代本当にしっかり味わって料理を食べる事は少なくなっているのよね。
ながら食べ…
テレビ見ながら
スマホさわりながら

料理と向き合いその素材を感じ楽しむ。
そうすればもっともっと美味しく幸福感が得れるのかもしれないのよね

この映画をみてそんな事を思いましたね。
INOKEEE

INOKEEEの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

【過去に見たことあったけど....やはりいいよね】

個人的に好きな映画のジャンル。
料理物。

この映画の和食は本当に美味しそう。
一生で一度でいいからあんなの食べてみたい。

現代でいうサミットとかの料理を作るようなイメージの「包丁侍」という仕事。

あの時代では、男女平等などあるはずもなく、料理は女子供のものという侍が古狸ことはるの手助けを得て、料理の腕を上げ出世しながら、自身の包丁侍という仕事に誇りをもち、夫婦愛を見つけていくという流れはやっぱり何度見てもいいよねー。

心洗われるし、お腹も空く。

サムライ歴史もの、の中でもかなりみやすいし、ゆったりとした空気感を持っており、普通におすすめの名作。

あなたにおすすめの記事