私の男の作品情報・感想・評価・動画配信

私の男2013年製作の映画)

上映日:2014年06月14日

製作国:

上映時間:129分

3.3

あらすじ

「私の男」に投稿された感想・評価

熊切監督の世界観で日本人の心情を切り取るのが上手い。
主役2人のあの時代の難しい関係を描きつつ、女性が大人になるに連れて立場が逆転していく様を見事に表現している。
何よりもやはり、若干20歳の二階堂ふみの演技と存在感は別格。浅野忠信との共演でも全然負けていない。現在の活躍も納得だ。
miso

misoの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

原作の小説が一番好きな作品だから、映像化バージョンを観て、「違うんだよ…」という感想しか出なかった。なにもかもちがう。物語においての大切なシーンがほとんど抜けている。特に原作の「おかぁさぁん」のシーンは必須なのに抜けているし、なのにしっかりと濡れ場は長い。主人公の2人はこんなに話の通じない奴でも無い。原作は現在から過去に戻っていって伏線や見方を変える手法が素晴らしかったのに時間軸を何故戻したのも分からなかった。そこは難しいのかもしれないけど…
原作と映画は別のものと捉えた方が良いです。でも映画だけ見て「私の男」を否定されるのは悲しいです。
浅野忠信使ったセンスと役者方の演技は本当に褒め称えたいけどそれ以外は違うんだよ…
原作「私の男」の、インモラルで繊細かつ甘美な物語を映画化にするならもう少し構想を練って欲しかった。

このレビューはネタバレを含みます

「結局、一人一人別々の世界で生きてるんですね」

心を欲しているもの同士で、他人からは歪んで見えても自分たちにとって最高の形の家族を築けたはずの二人が。
序盤は谷崎潤一郎のような世界観。血まみれの情事は、二人の今後を物語っているのでしょう。

とても評価が分かれそうなので、あえて中間的なスコアで。
おまわりさん、この人です。って感じだなぁ。
二階堂ふみは意外と好き。でもイタイの無理、視界大雪、遺体遠くに。
大学1.2年の時みた映画もまとめて記録するよ
スコアつけてないのがそれにあたるよ
直木賞受賞作の映画。
サスペンス要素もありながら、禁断の愛を描いています。
二階堂ふみの中学生〜女性になるまでの風貌や演技が上手。
映像美にも魅せられました。
REN

RENの感想・評価

3.0
同じ血が流れてる。だから裏切らない。
男女だけど男女とは明らかに違う。

所詮他人じゃないって思うわけですどんなに愛した人と愛を誓っても。でもこの二人は違うんだなぁと思った。

この役をあの若さで演じる二階堂ふみ様は本当にすごい。
最初から会話がほとんどなくて景色だけが流れていきます。 説明がないからよく解らない。原作読んでいないとダメなやつかな。
最後まで観て何だったのかよく解らなかったな。
渡辺

渡辺の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

印象的な血のシーンは血糊感強すぎて没入できなかったそこだけ残念それ以外は良い
>|