恋の渦の作品情報・感想・評価

恋の渦2013年製作の映画)

上映日:2013年03月30日

製作国:

上映時間:140分

3.6

あらすじ

部屋コンに集まった男女9人。イケてないオサムに、カノジョを紹介するのが、今夜の隠れテーマだ。しかし、やってきたユウコのルックスに男は全員ドン引き。それでも無理矢理盛り上げようとするが、全てが空回りし、微妙な空気のままコンパは終わったはずだったが・・・。その夜を境に、男女9人の交錯する恋心と下心、本音と嘘が渦巻き、ゲスでエロくておかしな恋愛模様が繰り広げられていくのだった。

「恋の渦」に投稿された感想・評価

低予算でも本が面白ければこんなにヒットするんだよの象徴のような映画。実際この脚本を担当した三浦氏も監督さんですしね。(これと同時期に愛の渦を発表してる)しかしこんなにピッタリな演者、よく見つけて来ましたよね!びっくり。素人っぽくて、台詞回しもすごくいい。
mumrik

mumrikの感想・評価

3.3
記録用。
KYやコミュ障、コミュニケーション能力なんて言葉が生まれる現代だからこそ見れる作品だと思います。
ぜひ若者に見て欲しい。てか空気読めねぇじじいが見てわかんのかな。

やってることは空気の読み合いというか、限られた空間、世界の中だけでのマウントの取り合いっていう地味な攻防なんだけどDQNの世界でやってるからおもろいし、わかりすぎるし、裏切りの連続で退屈もしない。

DQNじゃなくても身の回りにこんなこといくらでもあるし、こんな奴らいるし、僕もこんな奴らなんだよ、DQNじゃねぇけど。

あと女じゃないから女性陣の方はわかってるのかわかってねぇのかも本当はわかんないけど、男の気持ちは共感ではないけど、「わかりすぎる」あるあるですね。
なんだったら登場人物の男の気持ち全部わかる気がする。これ全くわかんねぇっていう奴は紳士ぶってるリアルオサムやろ、たぶん。

男はやっぱりバカで女はやっぱ強かな映画だと思うよ。
生態観察。ラストにはクスッと。
よくも
こんだけカス集めたなぁw
大根仁さん
登場人物が何を考えてるのか想像がはかどる!
Kyoko

Kyokoの感想・評価

3.7
あまりにもリアルすぎて
日常を切り取ったような感じ
てらしーのオススメ
negi

negiの感想・評価

2.5
おもろい
auショップ大体こんな奴らしかおらんの何で
kid

kidの感想・評価

4.1
DQNの生態観察映画!
DQNにこんだけ向き合った作品ないと思います笑

気まずくてトゲトゲしくて面白い!
カーストを描いた作品として桐島のDQN版だと思ってください笑

開始15分で僕はこの映画の気まずさの虜になりました。笑
B級映画感バリバリのダサいパッケージに騙されず観て欲しいです!

DQNだけの人間関係ではなく全ての人に当てはまる内容であると思います。
9人の感情行動にそれぞれ意見を持つことができ、このカップルどうなったかな?とか議論したくなります!!
誰とも友達になりたくないけどね笑

三浦監督の愛の渦も気まずさ映画として面白いので観て欲しいです!
性描写過激なので注意ですが…
>|