TM

エリジウムのTMのレビュー・感想・評価

エリジウム(2013年製作の映画)
3.4
宇宙のユートピア『エリジウム』を目指す話

致死量の照射線を浴びたマックス。生き延びるには富裕層が住む宇宙ステーション『エリジウム』にある医療ポッドしかない…

個人的に好きな映画だが、評判はあまり良くなさそうだなというのを実感する今作。
無茶な設定、割と都合の良い展開が目立つ。あと無駄に設定が多い。例えばマックスの死のタイムリミット。途中からデータがどうこうに切り替わり照射線の話が薄くなる。長官のエリジウム乗っ取り計画や闇商人スパイダーのブレたキャラなど、気になる点が多いのが本音。

ジョディフォスター演じる防衛庁長官。冷酷な性格で良い憎まれ役だった前半は良かったものの、徐々に重要性が薄くなり後半どうでもいい人物になったのも残念。派手な死に方を用意してほしかった。
そしてシャールトコプリー演じる悪役、クルーガー。コプリーが善人面なのと地声が結構高いのもあってイマイチ悪人に見えない。ミスキャストではと感じてしまった。

批判ばかりになってしまったが、映像はとても美しく、アッと驚くCG技術もあって結構すごい。刀や手裏剣などの日本ネタ、花吹雪舞う中の戦いは面白かった。明けましておめでとうございます。