たま

殺人の告白のたまのネタバレレビュー・内容・結末

殺人の告白(2012年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

辻褄というか腑に落ちる度は日本版リメイクの方が上ですが、生放送時の緊迫感の表現はこちらの方が圧倒的に力がある。アクションに振らず心理戦でゴリゴリ削って欲しかった。で、こっちの真犯人は愉快犯なんですか?ネタバレのセリフからすると本人も時効になってないのわかってる気がするんですけど。あとマジ永野。