進藤先生

10人の泥棒たちの進藤先生のネタバレレビュー・内容・結末

10人の泥棒たち(2012年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

①シリアスな韓国映画にはどっぷりハマってしまったが、まだまだ軽い感じの韓国映画には馴染めず集中力が持続しない。

それでも俳優の魅力とテンポの良さで普通以上に楽しむ事ができ、特にアクションシーンに関しては銃撃戦など流石の迫力。
団地の壁を舞台にしたアクションはジャッキー・チェンの映画を彷彿とさせる

②数年前の韓流を毛嫌いしていた私では顔や名前や言葉に馴染みがなかったのでこれだけの登場人物の把握が難しく感情移入出来なかったであろう。

チェンとガムの最期は切ない。

③「 チョン・ジヒョン 」
惚れた!無茶苦茶可愛い!
これは『 猟奇的な彼女 』を観ないと^_^

最初と最後にもしやの人が⁈
やっぱり『 高地戦 』の「 シン・ハギュン 」だった。
まだ韓国俳優の格を知らないのでこれはゲスト出演なのか?

2015/12/7 CS