おぎゃあ

ラッシュ/プライドと友情のおぎゃあのレビュー・感想・評価

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)
4.5
ステンメッシュのホースとアルマイト加工された接続部品。
極端に小さなステアリング。
それらを見ているだけでワクワクする。
舞台は1976年シーズンのF1。
伝説のF1ドライバー、ニキ・ラウダ。
彼の名前だけは知っていました。
ニキ・ラウダのライバルであるジェームス・ハントとの関係性の表現が絶妙。
お互いの相反するかの様な哲学も映画を盛り上げている。
当時の古いデザインのF1カー。
赤いフェラーリと、マルボロがスポンサーのマクラーレン。
タイレルの6輪車や、ジョンプレイヤースペシャルのステッカーを貼った黒のロータス。
ガキの頃、年上の従兄とこれらのミニカーで遊んだ。
映画を観ながらセナとプロストを思い出したりもしました。
エキゾーストノートと滑る後輪。
熱い映画でした。