じゅぺ

ラッシュ/プライドと友情のじゅぺのレビュー・感想・評価

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)
4.5
いわゆる「男の友情」を扱った作品。ただ、友情がテーマだからといってラウダとハントがべったり仲良くしたり中身の濃い会話があるわけではない。むしろ、ふたりはいつもにらみ合い、闘志をむき出しにしています。互いの実力を認め、尊敬し、その才能に嫉妬し、憎み、それでも「こいつがいなければ、俺は強くなれない」と思っている。複雑だが確かに理解できるその関係性がカッコよく、美しかったです。

ラウダは生真面目で秀才タイプ、ハントの遊び人で天才肌なタイプ。対照的で全くそりが合わないように見えて、底の部分でレーサーとして、戦う者として通じあう部分があったように思います。クリス•ヘムズワースはソー役で好きな俳優なので、今回の演技もよかった。

多くを語る内容というよりは、しっかり見ていろいろなものを感じて欲しい作品です。オススメ。