ラッシュ/プライドと友情の作品情報・感想・評価

ラッシュ/プライドと友情2013年製作の映画)

Rush

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

1976年、F1黄金時代。人々を夢中にさせたのは、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダと、ドライビングテクも私生活も情熱型のジェームス・ハント、二人の天才レーサーだ。何かと衝突を繰り返してきた二人の今シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開ける。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、全てが変わった。“墓場”と呼ばれる世界一危険なサーキット、ドイツのニュルブルク…

1976年、F1黄金時代。人々を夢中にさせたのは、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダと、ドライビングテクも私生活も情熱型のジェームス・ハント、二人の天才レーサーだ。何かと衝突を繰り返してきた二人の今シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開ける。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、全てが変わった。“墓場”と呼ばれる世界一危険なサーキット、ドイツのニュルブルクリンクでラウダの車がクラッシュ、400度の炎に包まれたのだ。命を取り留めるのがやっと、再起は絶望のはずだった。ところが僅か42日後、ラウダは復帰する。追い上げてきたハントとの差はたった3ポイント、最終決戦の地は豪雨に霞む富士スピードウェイ。ライバルを超えたつながりを胸に、アクセルを踏む二人。果たして、追いかけ続けた光は、どちらの手に──?

「ラッシュ/プライドと友情」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

生まれつき足が速い人にとって、遅い人の気持ちは理解し難いものだろう。
その逆もしかり。遅い人は速い人が理解できない。努力して研究して速くなってもまだ元々速い人が考えることが理解できない。
絶対に相容れないニキ・ラウダとジェームズ・ハントが互いを全く理解しないまま、それでも互いを意識しあって、自らをさらなる高みへと導けたのは違いすぎるために、同じ部分が多くあることの方が目立つからだ。
考え方は全然違うが、手足はそれぞれ2本あるし、胴体と頭の位置も大きな違いは無い。ご飯を口から食べるし、異性への情愛を持つ習性がある。乗ってる車も同じフォーミュラをベースにした、大きな違いが出ないように設計された車なら、アイツに出来てオレに出来ないワケがない。

車の免許が無く、ゴーカート遊びでもアクセルを強く踏み込めない私にとっては、2人とも理解の範疇に無いのだが、それでも同じ人間だ。
『ラッシュ/プライドと友情』は、それでもみんな同じ種類の動物だと描く。
く

くの感想・評価

3.2
f1好きに勧められてみてみた。命がけのレースであった…。2人がだんだんいいライバルになっていくのがよかった。自分の語彙力のなさがわかるな…
昔、夜中に偶然観たのだが、レースシーンが大迫力で時間も忘れて見入ってしまったっけ。
HarryT

HarryTの感想・評価

3.8
人の対比で、生き方の多様性を見せている。車の魅力が、全編に出ている。これからの車は、若者を、また、惹きつけられるのだろうか?
taku

takuの感想・評価

4.0
ドラマ
iceman

icemanの感想・評価

4.3
再再再々鑑…

こちらはマイティ・ソーではない…

世界最高峰のモータースポーツといえばFORMURA-1🏎🏎

モータースポーツ好きには語り草の物語。
モータースポーツを知らない人にも上手く作られた作品。

現代のF-1は全くつまらなくなった。
当時を見たわけではなくドキュメントしか知らないのだが、2人の凄さをよく捉えてあると思う。
2人の凄さはWikipeを参照してもらいたい。
ラウダは瀕死の火傷を負いながらもレースに復帰する強靭な精神力。
ハントはどうしようもないスケべな選手(笑)
対称する良きライバルであるレース人生。
レース映画はイマイチつまらないものが多いのだが、この作品は丁寧にそして上手く作られている。

当然ながら感動の実話。

スコアが高いのは命がけのスポーツを愛しているが故。
MIZUHA

MIZUHAの感想・評価

-
2017/11/19
ユータ

ユータの感想・評価

3.7
生き方の違いはあるけどリスペクトしあえる関係っていいな
>|