ラッシュ/プライドと友情の作品情報・感想・評価

ラッシュ/プライドと友情2013年製作の映画)

Rush

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

1976年、F1黄金時代。人々を夢中にさせたのは、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダと、ドライビングテクも私生活も情熱型のジェームス・ハント、二人の天才レーサーだ。何かと衝突を繰り返してきた二人の今シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開ける。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、全てが変わった。“墓場”と呼ばれる世界一危険なサーキット、ドイツのニュルブルク…

1976年、F1黄金時代。人々を夢中にさせたのは、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダと、ドライビングテクも私生活も情熱型のジェームス・ハント、二人の天才レーサーだ。何かと衝突を繰り返してきた二人の今シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開ける。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、全てが変わった。“墓場”と呼ばれる世界一危険なサーキット、ドイツのニュルブルクリンクでラウダの車がクラッシュ、400度の炎に包まれたのだ。命を取り留めるのがやっと、再起は絶望のはずだった。ところが僅か42日後、ラウダは復帰する。追い上げてきたハントとの差はたった3ポイント、最終決戦の地は豪雨に霞む富士スピードウェイ。ライバルを超えたつながりを胸に、アクセルを踏む二人。果たして、追いかけ続けた光は、どちらの手に──?

「ラッシュ/プライドと友情」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

生まれつき足が速い人にとって、遅い人の気持ちは理解し難いものだろう。
その逆もしかり。遅い人は速い人が理解できない。努力して研究して速くなってもまだ元々速い人が考えることが理解できない。
絶対に相容れないニキ・ラウダとジェームズ・ハントが互いを全く理解しないまま、それでも互いを意識しあって、自らをさらなる高みへと導けたのは違いすぎるために、同じ部分が多くあることの方が目立つからだ。
考え方は全然違うが、手足はそれぞれ2本あるし、胴体と頭の位置も大きな違いは無い。ご飯を口から食べるし、異性への情愛を持つ習性がある。乗ってる車も同じフォーミュラをベースにした、大きな違いが出ないように設計された車なら、アイツに出来てオレに出来ないワケがない。

車の免許が無く、ゴーカート遊びでもアクセルを強く踏み込めない私にとっては、2人とも理解の範疇に無いのだが、それでも同じ人間だ。
『ラッシュ/プライドと友情』は、それでもみんな同じ種類の動物だと描く。
gosunny

gosunnyの感想・評価

3.5
F1ファンとしては嬉しい内容
peche

pecheの感想・評価

3.6
ニキラウダの瀕死の重傷からの復活がすさまじい

男の友情すばらしい
まり

まりの感想・評価

3.7
良いスポ根!!難しいこと考えずに熱くなれる映画
専門的な説明は最小限に抑えられててF-1に詳しくなくても充分に楽しめる作り、でも映像や演出も凝っているので詳しい人も普通に楽しめそう
それだけいい意味で分かりやすい映画でした🙆
ai

aiの感想・評価

3.8
見終わった後に調べたら2人ともめっちゃ似てた
頼むから危険なことはやめて;;って気持ちになる(映画にならん)
子供の頃、おぼろげに覚えているニキ・ラウダとジェームズ・ハントのライバル実話。かなり忠実なようで、二人の風貌までって凄い。
作り話のように対照的な二人とストーリー展開で魅力たっぷり。迫力あるレース映像とF1サウンドは、シアターでこそ映えるのかも。真逆な性格も、負けたくないプライドとお互いの実力を認めあうからこその真のライバルだったのかなと。予告編にもありますが、ニキの復帰後、ジェームズに向けた言葉は、カッコよすぎて泣ける。
懐かしのF1マシーン、フェラーリ、マクラーレンだけでなく、黒のロータス、ティレル6輪なんて、唸るほど懐かしい。
傑作なのに邦題が酷い
>|