ラッシュ/プライドと友情の作品情報・感想・評価

ラッシュ/プライドと友情2013年製作の映画)

Rush

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

1976年、F1黄金時代。人々を夢中にさせたのは、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダと、ドライビングテクも私生活も情熱型のジェームス・ハント、二人の天才レーサーだ。何かと衝突を繰り返してきた二人の今シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開ける。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、全てが変わった。“墓場”と呼ばれる世界一危険なサーキット、ドイツのニュルブルク…

1976年、F1黄金時代。人々を夢中にさせたのは、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダと、ドライビングテクも私生活も情熱型のジェームス・ハント、二人の天才レーサーだ。何かと衝突を繰り返してきた二人の今シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開ける。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、全てが変わった。“墓場”と呼ばれる世界一危険なサーキット、ドイツのニュルブルクリンクでラウダの車がクラッシュ、400度の炎に包まれたのだ。命を取り留めるのがやっと、再起は絶望のはずだった。ところが僅か42日後、ラウダは復帰する。追い上げてきたハントとの差はたった3ポイント、最終決戦の地は豪雨に霞む富士スピードウェイ。ライバルを超えたつながりを胸に、アクセルを踏む二人。果たして、追いかけ続けた光は、どちらの手に──?

「ラッシュ/プライドと友情」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

生まれつき足が速い人にとって、遅い人の気持ちは理解し難いものだろう。
その逆もしかり。遅い人は速い人が理解できない。努力して研究して速くなってもまだ元々速い人が考えることが理解できない。
絶対に相容れないニキ・ラウダとジェームズ・ハントが互いを全く理解しないまま、それでも互いを意識しあって、自らをさらなる高みへと導けたのは違いすぎるために、同じ部分が多くあることの方が目立つからだ。
考え方は全然違うが、手足はそれぞれ2本あるし、胴体と頭の位置も大きな違いは無い。ご飯を口から食べるし、異性への情愛を持つ習性がある。乗ってる車も同じフォーミュラをベースにした、大きな違いが出ないように設計された車なら、アイツに出来てオレに出来ないワケがない。

車の免許が無く、ゴーカート遊びでもアクセルを強く踏み込めない私にとっては、2人とも理解の範疇に無いのだが、それでも同じ人間だ。
『ラッシュ/プライドと友情』は、それでもみんな同じ種類の動物だと描く。
A

Aの感想・評価

4.0
機械系の花形。
別にF1好きな訳でもないのに、度々挿入されるマシンが映し出されるカットがめちゃくちゃカッコいい。疾走感溢れるレースシーンもめちゃくちゃカッコいい。
1976年、実際にこんな展開があったのか。しかも最後の舞台は雨の富士スピードウェイ。知っていても、改めてアツい。
もちろんバチバチのライバル関係もアツい。お互いに自分のスタイルは崩さず、真逆の相手のスタイルも尊敬する。自分を高めてくれるようなライバルの存在って人生をずっと充実なものにしてくれるのかも知れない。
免許をATで取ったことを少しだけ後悔した。
海老沢

海老沢の感想・評価

4.1
熱い!正に「プライドと友情」だわ。ナイス邦題。
時には罵り合いながらも、互いを認め合えるのは素晴らしい関係性だ。
過去に鑑賞。


F1に詳しかったら
オチわかるんやろうけど
全く知らなかったから
ドキドキして見てた。
本当の男の友情を見た気がした。
入院中、ニキがレースへ復帰しようとする姿には涙なしには見れなかった。挫折から這い上がるってのは誰もができることじゃない
。強い決意がある者だけが出来ること。
久々にいい映画に出会えてよかった。
勢いを殺さない大胆なカッティングがこの上なく功を奏している。胸熱。
em

emの感想・評価

3.8
F1全く興味なかったけど、実話と聞いて終わった後2人のことめっちゃ調べた。
お互い尊敬しあえるライバルがいるっていい。
まちこ

まちこの感想・評価

3.0
途中から急におもしろくなる。
それまでは辛かった…

時々クリヘム のプリけつやゲロ、
インコなどがないと…
とても最後まで観れないね。

初期の兄上を思わせるクズっぷりがとてもよい。
演技が上手だわっ😊
tamai

tamaiの感想・評価

3.7
ストーリーは2人のキャリアをつらつらと説明されてるだけって感じでちょっとつまらんかった。でもそんなのはどうでもいい。伝記映画ではよくあること。。
ライバルとのプライドをかけた戦い、V12エンジンの甲高いサウンド、それだけで男は熱くなれる。
未定

未定の感想・評価

2.0
月日があっという間に経っていって友情って感じが全くなかったけど、最後の優勝後にもうすでになっていたんだなと思った。
人生や考え方が違う二人がお互いを気にして勝利を争う。好敵手=友とゆう感じ

F1レースの迫力はすごい。選手側から見るレースは切迫しているし、ピットの緊張感もリアル

ストーリー的にはいまいちだけど、記録と思って観ると納得
>|